同僚に頼まれた借金で、職場と夫とで悶々の板ばさみ


更新日:

先月末に無事にお給料が出た私のパート先です。

それから一週間、悶々としていました。

一つは新人さんが入ったことで、なんとなく用なしのような存在になってしまったこと。

そしてもう一つは、先月同僚にお貸ししたお金が、なかなか返してもらえずに悶々としていました。

お給料日前に、給料が入ったら返すからと、同僚にお貸しした1万円。

借金返済を抱える貧困家計には、1万円でしたが、我が家にとっては大金です。

同僚に頼まれた借金で、職場と夫とで悶々の板ばさみ。

スポンサーリンク

夫からは、「やっぱり返って来ないんじゃないの」「返済の催促してみれば」と毎日のように言われ、肩身の狭い思いというか、何だか悪いのが私になっていました。

次第に聞かれること自体ストレスを感じていました。

でも職場の人付き合いの手前、返済を催促する訳にも行きませんでした。

とはいえ我が家には大金ですし、安易にお金を貸してしまった私も悪いのですが、家では夫からお金のことを聞かれ、パート先でも本当にちゃんと返してもらえるのか?と悶々の板ばさみでした。

借金で悶々とする女性

悶々とする、職場でのお金の貸し借り。

お金を貸した彼女はダブルワークなので夜のシフトが多く、あまりパート先で顔を合わせる機会が少ないと言うのも不安の種でした。

かと言って、ライン等で返済の催促をするのも気が引けます。

彼女が借金を踏み倒す事は無いとは思いながらも、彼女を信用していない自分にも気づいて、たかが1万円で悶々とした気持ちになってしまっていました。

あげくの果てには、1万円がなかったら千円でもいいから「お願いだから形だけでも返して欲しい」と、哀願するような気持ちにもなっていました。

無事に返済。でも更に悶々としました。

そんな事を思っていると、たまたま夜のパートで彼女と一緒にシフトに入る日があり、ようやくお返しいただきました。

これはやんわりとお金の事を聞ける機会かもと思い、どう話を切り出そうかと言葉を選んでいると、彼女の方から「本当ありがとうね、助かったわ」と言う言葉と共に小さなポチ袋が私に差し出されました。

「ん?遅れたことは気にしてないの?」と思いつつ、私は「役に立てたなら良かった」と言いながら、そのポチ袋を受け取りました。

彼女に気付かれない様に中身を確認すると、折り畳まれた1万円札が入っていました。

良かった、と言う安堵感と共に、遅れたことについては悪びれた様子もなく、それどころかまったく気にしてもいない様子で、この間どれだけ私が悶々としてたのかと思うと、余計に悶々としました。

特段、お礼を求めたり、詫びるべきとは言いませんが、お金の貸し借りの感覚とは人それぞれなのだな、と思いました。

確かに彼女の役には立てたかも知れませんが、我が家もお金を借りたい側ですので、貸してる余裕なんて微塵もありません。

安易にお金を貸して、悶々と苦しい思いをしてしまいました。

大切な人だからこそ、悶々としてしまったのかもしれません。

彼女とはパート先で一番仲が良い事もあり、それ故に断り切れなかった面もあります。

お金が元で、仲違いに繋がる事もあります。
お金の切れ目が縁の切れ目、そんな言葉もある位です。

これから私が今のパートを退職しても、良い関係を続けて行きたいと思っているだけに、こんなことで関係が悪くなりたくないですし、かと言って1万円を返していただかないと今度はこっちが困りますので、余計に悶々としてしまいました。

お役に立てた事は嬉しい事ですが、これからはあまり調子に乗らずにお金の貸し借りには気を付けたいと、改めて反省した出来事でした。

結局私ひとりが板ばさみ(考えすぎ)で、悶々としていたようで、これからは職場や同僚に借金を頼まれても、当たり障りない断り文句を考えなくてはと思いました。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-借金返済生活
-

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.