夫婦で失業中という一抹の不安


更新日:

父(養父)の家への引っ越しで、パートを辞めなくてならない事を同僚の方々に話しました。

皆さん私の辞職を残念がってくれ、有り難く思っています。

それとは別に、引っ越ししたところで、我が家の借金返済は続きます。

現在は夫が就職不安定な家計収入ですので、私が無職無収入になる期間は出来るだけ短い方が良いに越した事はありません。

夫婦で失業中という一抹の不安もあります。

スポンサーリンク

夫40代、妻30代の共働き夫婦に、あり得ないことが重なり、現在の新型貧困生活に陥っているわけで、保険の手続きは慣れていますが・・・或る日突然に貧困生活に陥る一番の理由は「再就職の失敗」です。

私たちもそれに該当し、また同じく引越しに伴う再就職です。

今回は夫も正社員雇用されますし、新しい環境や状況の変化への対応もスムーズにやらなくてはなりません。

ようやく借金返済も、完済まで折り返しまで来たのですから。

借金返済折り返し
父(養父)の家のある場所は、私が6歳から21歳まで過ごした場所です。
言うなれば、私の実家です。

新しい環境というより、過ごし慣れた場所ではありますが、10年以上離れると街並みも色々変わっています。

畑が家や店舗へと変わっていたり、便利になったと言えばそうですが、ちょっと寂しさも感じたりもします。

気持ちばかり焦っても仕方ないのですが、間違っても夫婦そろって失業しないよう経済的なことを十分考えて計画的に進まなくては、と思っています。

しかし、実際の引っ越し予定日は依然はっきりと決められないでいます。

パート先の同僚に退職する旨は伝えてたものの、愛猫の治療費の関係で、いつまで高額な抗ガン剤治療が続くのか・・・
それが分からないと、引っ越し費用の予算も立てられません。

その経済的な兼ね合いもあり、私はいつ現在のパート先を辞め、いつから新しいパート先に転職するのか、失業期間をできるだけ少なくするためのタイミングも悩み事の一つです。

そもそも新しいパート先は何処にするのかと根本的な問題もあります。

私は次に働く職種も、接客販売業に就こうと思っています。

一番向いていると思いますし、好きな業種だからです。

そうすると、コンビニかドラッグストア、スーパー等になります。

幸い引越し先周辺には、その様な店舗が何軒もあったので、後は求人募集をしているかどうかです。

現在と同じ、100ショップのチェーン店も駅前にありました。

とりあえずそこが現在の狙い目ですが、果たして引っ越しまで求人をしているのかどうかも問題です。

引っ越しをすれば家賃分は浮きます。

だからと言って、早々に余裕のある家計になる訳ではありません。

新しいパート先は、時給は勿論ですが、実際に店に足を運んでみて、店の雰囲気や従業員の方の人柄等も見て選ぼうと思っています。

長く勤めるには、人付き合いも重要です。

現在のパート先も、その様にして選びました。

但し、面接をしたからと言って絶対に採用されると言う訳でもないので、候補は幾つかあげておこうと思っています。

新しい環境で働く不安の前に色々と前途多難な気もしていますが、再就職困難で夫婦で失業中となれば、本当に路頭に迷います。

一抹の不安はありますが、そうならないように、計画的に頑張ろうと思います。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-新型貧困生活
-,

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.