情状の余地がない夫の元上司の奥さまと


更新日:

パートをあがったその足で、夫の事件の被害弁済金と示談金の分担の相談ということで、夫の共犯にあたる、元上司の奥さまとお会いしてきました。

私には未だに逮捕された夫の妻という自覚が足りないのか、その奥さまとコーヒーチェーンで同席しているのさえ不思議に感じました。

私も夫が逮捕勾留され収入が激減し生活苦に一層の拍車がかかっているのですが、元上司の奥さまも疲れた(やつれた)様子でした。

うちは情状の余地がないから。

スポンサーリンク

挨拶も済ませて、お互いの夫との接見(面会)の様子などを話した後に、奥さまの口から出てきた言葉「うちは情状の余地がない」に、少したじろぎ驚きました。

正直やはり、私は何でこんなところで、こんな物騒な会話をしてるのかと自分に落胆もしました。

奥様が言う「情状の余地がない」という言葉の意味は、刑務所に行かなければならないということを意味します。

私は落胆と驚きを隠しながら慰めました。

そうは言っても適当な言葉が咄嗟に浮かばず、「まだ何も決まっていないですから」としか言えませんでしたが。

落胆と驚きを隠しながら

「あなたのご主人は初犯ですか?」と聞かれ「はい、そうです」と答えると、奥さまの愚痴のような口調で元上司(共犯)の方の話をしてくださいました。

「いやこんなこと誰にでも話せることじゃないけど、こういう縁もあるのかなと思って聞いてくれますか?」と。

「うちのは2度目で弁当つきなのよ、あ弁当って執行猶予中のことね」

「まだ2年も残っているから、今回求刑2年だとしても3年半は刑務所に行かなくてはならないのよ」と。

*ブログとはいえ「刑務所に行かなくてはならない」という表現等は加害者側の言い方で、社会的には刑務所に罪を償いにいくが本来と思いますが、同様に以下もお見苦しい点ご了承ください。

そこまで先が分かってる方に何と言っていいか分からずにいると。

「だからね、どうせ示談金を払っても、刑務所に行くなら弁済しないつもりでいます」と言われてしまいました。

私としては、その示談金が分担されて、私の新たな借り入れ金もおおよそ決まると思っていたので「払わない(分担しない)なんて」と思いました。

ですが、ご主人が刑務所に行くことになる人を前に「迷惑をかけたらお詫び(弁済)するのは当たり前」とは、さすがに言えませんでした。

もっと言えば、口には出しませんでしたが「その分はうちが払います」という気持ちになるほど同情してしまいました。

もちろんそんな余裕は全然ないのですが。

それから事件の見通しも弁護士以上に詳しくアドバイスしてくださりました。

弁護士の先生は確定していること、確実なことしか言いませんので、奥さまの経験?からアドバイスを頂いたひとつひとつが、私の心配を軽減してくれました。

今、夫の裁判は以前に「勾留理由開示請求裁判をした簡易裁判所」で単独なのですが、共犯それぞれが証言をするようで合同裁判(共犯と一緒の裁判)になり地方裁判所に代わるとのことでした。

そのため初公判が長引くと思うと言われました。

それから裁判官の移動の時期にかかると判決が出るのは早くて4月とも教えられました。

また私の夫の場合は、共犯がいるせいで90%保釈は認められない、でも執行猶予はつくから出てくるよとも。

私の夫は執行猶予
なんとも言えない説得力で、私は見通しさえつかなく不安だった心の曇ったものが晴れた気分になりました。

正直なところ、お会いしてお話しするまでは、何か騙される等の不信感と警戒心があったのですが、いつのまにか微塵もなくなっていました。

夜のお仕事をされているということで時間がなくなってしまいました。

ですので私のほうから、またお会いした旨をお願いしました。

奥さまも快く承諾してくださり近日中にお会いする約束をしました。

私は、「時間がかかったとしても、夫が刑務所に行かずに戻ってくることを確信できたようで」本当にスッキリした気分になれ、奥さまという味方を見つけたような気になれたのです。

時間があれば、ご主人の一度目の事件の時に「離婚は考えなかったのか?2度目の今はどうなのか」等を聞ければよいのですが・・・

最後に「明日夫の面会に行く予定です」と伝えると。

「あら喜ぶわよね、気をつけて行ってらっしゃい、ご主人にもよろしくお伝えください」と。

自分のご主人に情状の余地がないほど切羽詰っているはずなのに、この気遣いある言葉が優しく思いやりのあるものに聞こえました。

最初にコーヒチェーンで、奥さま(犯罪者の妻)と同席している自分に、不思議な違和感を覚えたのが嘘のように親近感を抱きました。

その帰り道、貧困女子から貧困主婦になり借金の債務整理もして、実は私もそっちのザックバランな会話のほうが合っているのかもしれないな、と思いました。

久しぶりに時間を惜しんで、人と話すということをしたなとも思いました。

早速、明日の面会で夫に報告したいと思います。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-夫が逮捕
-

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.