店長までもが貧乏でお金に苦労していました


更新日:

ブログを新しく立ち上げて、私以外にも沢山の方々が借金や貧乏暮らしの工夫や、パートの葛藤等に悩み苦しんでいらっしゃる事を知りました。

これまでは持病のうつ病のことを書いていましたので、私だけが辛い、隣の芝は青く見えまくりで、ひがみ妬みの境地に陥ってしまう事もありました。

隣の芝生はよく見える

借金を抱えていたり、貧乏暮らしながらも、前を向いて色々な知恵を振り絞り節約に励んだり、うちほどお金がない貧乏家計もないだろうと思っていたものも、軽く超えていそうな?ご家庭もある様子でした。

他にもパートでの処世術など読ませて頂いて、とても勉強になり励みになる「あるある」が多々あります。

スポンサーリンク

あらためて、世の中お金に苦労している人は多いものだと実感しました。

身近なところにも、その様な方が居たから尚更そう思いました。

店長が貧乏でお金に苦労していました。

パート先の100円ショップは比較的、私も含めて貧困層に近いパート、アルバイトが多いのですが、まさか店長までもが貧乏だったとは。

店長も、お金に苦労、困っている様子でした。

引越し先の関係で退職を告げた時から、ポツリポツリと家庭の事情を聞く機会も増えてきました。

店長は私より二つ年上です。

今年小学生になったお子さんと、年上の奥様が居る事は、以前から他のパートさんから聞いて知っていました。

しかし、その奥様とは事実婚、いわゆる内縁の妻でお子様は奥様の前の旦那様の連れ子だと言う事を知りました。

おまけにその奥様はお金遣いが荒く、仕事をしても続かないと、「私が馬車馬のように働かなくてならない、貧乏暇なしですよ」と冗談まじりに言っていました。

事実、誰よりも働いています。

店長とはいえ、別にオーナーが居るので雇われ店長です。

しかも、人手不足のお陰で、店長なのに夜勤勤務です。

店長は、私が入社してから休んでいる日を見た事がありません。

休みが全く無いのです。

もしかしたら月給がとんでもなく安いのかも知れないのか、と思いました。

それでも、月給制なのですから休んでも良さそうですが、発注や売り上げ精算、店長としての毎日の業務は腐る程にある様で苦労されてるようです。

お子さんのランドセル代もない店長。

このままでは過労死してしまうのではないかと心配になってしまいますが、店長曰わく、お子様に買ってあげるランドセル代も無いほど貧乏で、区役所で寄付してもらった程だそうで、「私もお金に苦労してるんですよ」と笑っていました。

だから、「お返しじゃないけど、熊本地震の救援・支援物資で困ってる人に何かしてあげたいと思ってさ、Sakuranekoさんにも負担させてしまったようですみませんね」と。

ランドセルのことは、何とも私からは言う事は出来ませんが、いい人です。

ランドセル寄付の貧困世帯

貯金も無く、年金も払っていないそうです。

福利厚生がしっかりしていない会社なのかもしれませんが、妙に貧乏の仲間意識が芽生えて、パートを辞めるのが惜しく感じました。

店長の今後を心配する前に自分の心配をするべきなのですが・・・

私の借金は全て身から出たサビですし、債務整理をした限りは返済を怠る事の無い様に頑張るしかないのですが、店長も借金を抱えていても不思議でないなと、何とも言えない気持ちになりました。

今日も休まず店長は、私の寝ている時間も働いています。

仕事に対する責任感と姿勢は、私の夫に爪の垢でも煎じて飲ませたい位ですが、人生の選択は色々であり、人それぞれ店長にも悩みがあり、お金の苦労もあるものだと改めて実感しました。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-貧困女子心の100円生活
-, ,

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.