現金欠乏症の月末に限って何という緊迫感


更新日:

引っ越し間もない我が家。冷蔵庫も空っぽ。

これから色々と買い揃えなければならないと思っている時に、夫から恒例の帰るコールがありました。

現金欠乏症の月末に限って何と!

スポンサーリンク

携帯を昼休み中に寝ぼけて落として壊したとの連絡もありました。

夫が帰宅し私も確認すると、画面が割れて反応しない状態になって居ました。

夫の携帯はスマホはスマホでも、新型貧困家庭故に最新機種に変更する事も出来ずに、もう何年も前の機種で、これはお店に行けば買い換えを勧められる。

先日の交通違反の反則金に続き、現金欠乏症の月末に限ってまた予定外の出費で、「やってくれるな」と思ったのが本音です。

現金欠乏症

そんな緊迫感も、またしても夫の保険加入で助かる。

時代遅れのスマホとはいえ、それでも新居には固定電話も無いですし、携帯が無いと困りますので、仕方無く緊迫感を抱きながら携帯の直営ショップへと相談に行きました。

買い換え必須だと思っていたのに、店員さんからは予想外にも在庫があれば取り寄せて換えられますよとの言葉が。

おまけに夫は携帯の故障時の保険に入っていたらしく、(以前も自転車転倒事故の際も保険加入で医療費が助かっていて、今回夫が保険好きなことを再認識しました)自己負担額は3000円。

月末の現金欠乏症には、携帯の利用料金と合わせて後払いが何より助かりました。

在庫も幸い有り、直ぐに取り寄せ可能とのことで、早速代替え機を借り、取り寄せをお願いしました。

お金がないのは常にで保険加入も助かりましたが、特に月末は極度の現金欠乏症でピリピリしている貧困家計ですので、予定外の出費による緊迫感を持ち込んでくれるな、と思った次第です。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-新型貧困生活
-

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.