危うく路頭に迷うところでした


更新日:

今日のパートのお昼休憩がマネージャーと一緒でした。

その時に、お正月の特別勤務(4日6勤務)を労ってくださいました。

同時に、私の12月の勤怠が問題とされていたようで、解雇されるところだったようでした。

危うく路頭に迷うところでした。

スポンサーリンク

夫が逮捕されてというもの、11月12月は特に急欠が5回ほどあり、職場同僚に迷惑を掛けていることは感じていました。

そんな空気もあって、お正月はすすんでシフトの交代を申し出ました。

もちろん私自身の気分が、お正月の賑わいから離れたいという気持ちでしたが、点数稼ぎじゃないですけど挽回しておかなくてはという気持ちもありました。

危うく路頭に迷うところでした
解雇ともなれば完全に路頭に迷いますので危ないところでした。

マネージャーから、一番聞かれたくない夫の具合を聞かれました。

パート先には、夫が骨折で入院したとだけ伝え、それっきり2ヶ月が過ぎようとしています。

まさかこんなに長引くとは思いませんでしたので、咄嗟の急場しのぎだったのですが、骨折で入院2ヶ月は普通では考えられません。

(夫が首を骨折し入院した時でさえ3週間でした)

夫の件のことは、すっかり忘れられていると思っていた私は、マネージャーに嘘の上塗りさえ返す言葉が浮かばず、何とかそれとなく濁しました。

その濁し方のせいで、夫婦のスレ違いと思われたようでした。

実際、スレ違っているので間違いではないですが。

先に食事を済ませ立ち上がるマネージャーを隣に、真実を話せず申し訳ないと思いましたが、このまま離婚ともなればスレ違ったままと思われたほうが自然かもしれないと思いました。

夫とは、限られた時間の面会や手紙だけのやり取りで、なかなか意思の疎通が計れませんが、意思をハッキリさせないことで相手が勝手に、私の都合のよい解釈をしてくれることもあるのだなと思いました。

いずれにしても、職場の居心地はしばらく悪そうです。

離婚するかもしれない、別居状態と思われるのも居心地の悪さを覚えますが・・・

また嘘の上塗りになってしまいますが「夫が逮捕されている」よりはずっとマシです。

ましていずれは帰ってきて、私のパート先のコンビニに立ち寄ることだってあることを考えますと、どうしても夫の件は隠し通さなくてはなりません。

マネージャーから急欠に関して釘を刺されただけで済み、お正月勤務は体力的にきつかったですが、危うく路頭に迷うところでしたので胸を撫で下ろしました。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-夫が逮捕
-

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.