「柱の傷」とうとう自分の年齢を越えた返済回数


更新日:

今日お給料日前の寂しいお財布の中から消費者金融のレイクの返済をしてきました。

もちろんパート先のコンビニATMではなく、他店に立ち寄ってです。

とうとう自分の年齢を越えた返済回数になってしまいました。

スポンサーリンク

童謡の「柱の傷は一昨年の~」ではないですが、毎月の返済回数の一ヶ月が自分の年齢を重ねるかのような一年と思えるほど、苦しいやり繰りの中での借金返済生活です。

本来であれば、貯蓄に回せているお金です。

カード決済、リボ決済を(自己破産している夫の分も)乱発した私の身から出たサビですが、家計簿をどう見てもどう工夫しても消えない借金返済金額には疲れます。

これさえなければ、「この返済額はそのまま貯蓄に回せているお金よね」と、そう思っても後の祭りです。

「柱の傷」とうとう自分の年齢を越えた返済回数

任意整理していないレイクへの繰上げ返済さえできない家計事情です。

いま思えば、司法書士さんに手数料の分だけ損をすると言われ、任意整理に含めなかったレイクも任意整理すれば良かったと思っています。

その時は、お金の失敗の再スタートという気持ちになっていた事もあり、いつか生活(家計)を立て直して一括で返済したほうが良いという選択を受け入れました。

ですがそのまま、まるでなし崩しのように共働き夫婦が再就職に陥り、私の持病や父(養父)の介護等で収入0の時もあり、ズルズルと新型貧困となり、未だ一度も余分に前倒しして返済できずにいる我が家の苦しい家計事情です。

借りる時は1万円単位で返済は千円単位ですから、残債が減っていくのにも時間がかかって当たり前ですが。

ふとそんな色々な事を思い、柱の傷はお金で失敗した傷とも思えました。

レイクを返済したばかりの寂しいお財布でしたが、ここまで遅れずに(正確にはレイクは2度遅延していますが)返済できてきたことをよしとして・・・

これも、ひとつの区切りと思い、人知れない記念日としました。

他店のコンビニで目に留まった数百円の「よもぎ団子」を購入しました。

我が家では久しぶりの和スイーツで、少ししか入っていませんが楊枝で刺して分けて食べれます。

夫には、その和スイーツの意味を話さず出して、ふたり何度も口の中でゴロゴロ味わって「舐める」かのように味わって食べました。

ちょっとしたお給料日前のサプライズとなりました。

楊枝に指した残り2(粒)つは仏壇にも供えて、私だけ人知れずに、しみじみと自分の年齢を越えた返済回数のお祝い?報告をしました。

お金がない上に返済にも追われている貧困生活で、苦しい時や辛いことも幾度もありましたが、多少の免疫と貧乏慣れを良いほうに活かして、「柱の傷」がそう高くならないうちに家計簿から借金返済額が消えてくれることを願う次第です。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-借金返済生活
-

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.