貧困女子の癖


更新日:

貧困女子から貧困主婦に陥った私ですが、節約と言うか既に身に付いてしまっている貧困女子の癖と言うか、とにかく貧乏くさいなぁと思ってしまう事があります。

貧困女子に身についた癖。

スポンサーリンク

それはどんな料理でもワンプレート(一皿)で済ませようとしてしまう事です。

貧困女子家庭の食事

最近ではワンプレ料理のお洒落な料理本も出ていますが、私の場合は使う食器類が少なければ、それらを洗う手間も、水道代も少なくて済むのではないかと、そんな安易な考えからです。

昔は、盛り付けなしでした。

貧困女子時代の一人暮らし時はもっとひどく、どうせ食べるのは私一人なのだからと、麺類を作れば鍋ごと、フライパンを使った料理ならばフライパンごとテーブルに持って行き、盛り付けることなく、ダイレクトに食べていました。

こうなれいますと水道代の節約なのか、ただ単にズボラで行儀が悪いのか分かりませんが・・・

フライパンに付いたご飯のおこげをスプーンで食べると、石焼ビビンバ風な気分が味わえて美味しかったですが。

貧困女子から主婦となり。

結婚して食事が一人ではなくなってからは、(料理にもよりますが)さすがに調理器具ごと食卓に並べる事はなくなりました。

それでも身に付いてしまっている癖なのか、レタス等で仕切りを作り、なるべくワンプレートで料理を出してしまう事は多いです。

ワンプレートにした方が、かえって今時でお洒落に見える事もあるようで、私の癖を知らない夫には好評です。

後は、食器洗いの水道代節約など同じ理由から、(和風ワンプレート)丼ぶりものの料理も多いです。

簡素で質素な食事と、時間の節約という癖。

ワンプレートに丼と、洗い物も少ないとも思いますが、手間を省く事も時間の節約に繋がるのではないかと思います。

昔から食に対する欲が乏しいのか、我が家の食事は基本的に簡素です。
お料理は、わりと得意なほうだと思うのですが、得意な分だけ侘しくない程度に簡素に済ませる術も身についてしまっています。

昔から食に対する欲が乏しいのか、我が家の食事は基本的に質素です。
簡素で質素な食事も、貧困女子の頃からの癖かもしれません。

それに時間に追われていると、気持ちにも余裕がなくなりますし。

夫の無職生活中に家事を任せていた時は、一つの料理なのに味付け用や何だかんだと食器類を使い、洗い物が多く少し苛々する事もしばしばでした。

借金返済を抱える主婦としては、食事に力を注ぐより、お金のやり繰りに費やす時間で精一杯というのも本音です。

とはいえこれからは、私なりに料理の面でも色々な意味で工夫し、時間を有効に使う(節約する)事で貧困女子の頃に身に付いた癖ですが、簡素で質素な食卓を余裕をもって楽しみたいと思います。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-貧困女子心の100円生活
-

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.