大人貧困女子の葛藤


更新日:

貯蓄0円で、毎月がその日暮らしのような中で借金返済、引き落とし、支払いに積み立て、そしてまた返済の繰り返し。

万年赤字家計の中でどう乗り切るかと、日々節約ばかりを考え、我慢我慢の生活を送っていると、時に全ての枷を解き放ち爆発したい衝動に駆られます。

ある意味、大人貧困女子の葛藤です。

スポンサーリンク

私も夫も、甘いお菓子やスナック菓子、炭酸飲料も大好きです。

ポテトチップスにコーラの組み合わせなんて至上最高の組み合わせだと思います。

いつもは贅沢品だからと必死に我慢していても、時にはどうしても食べたくなる時もあります。

そんな時は2人でスルメ等をモグモグ噛み、必死に満腹中枢を刺激しながら、今食べているのは甘いお菓子だなどと脳を錯覚させています(笑)

もちろん家計の支出を100円でも抑えたいという思いからです。

スーパー節約術

スーパーに買い出しに行く時も葛藤との戦いで、なるべく満腹の時に行くようにしています。

空腹ですと、何もかもが美味しそうに見え衝動買いしてしまう危険性があるからです。

夫もけして大食漢ではなく、私もどちらかと言うと食が細いほうですが、いつ何時に枷を解き放たれてしまうかもしれませんので、無駄な食材を買い込まないという意味でも、なるべく満腹の時に行っています。

ですが、パートの後となると話は違います。

パート作業に疲れ、帰る頃には必ず空腹です。

しかも店には100円均一の食品のオンパレード、運が良ければ売れ残りの値引き食品もあったりします。

夫が帰って来るのは毎日19時半過ぎです。

私のパートは日中の勤務ならば17時か18時には終わります。

夫が帰って来る時間に合わせて夕飯を作るのですが、少しのタイムラグがあるのです。

その時間にちょっとしたおやつ的な物を食べたいと思ってしまいます。

仕事が終わり、これから家事という合間のひとときにリラックスして、スルメではなく何かクッキー系でもと。

貧困女子の葛藤

大人貧困女子に葛藤のピークが訪れるのはパート後です。

「今日もパートを頑張れた自分にご褒美」いやいや・・・「借金返済を抱える新型貧困主婦が何を贅沢な」と、かなりの葛藤が頭の中で繰り広げられます。

その悪魔と天使の様な闘いに、打ち勝つ時もあれば、負けてしまう時も稀にあります。

そんな時は、甘いお菓子の代償に、無駄遣いをしてしまった罪悪感が頭をグルグルと巡ります。
お腹は満たされても、心は満たされない、そんな感じです。

たかだか108円の商品一つの誘惑に・・・

そんな葛藤を繰り広げる自分はつくづく貧困主婦だと情けなくもなりますが、全ては身から出たサビ、いつかこんな生活を抜け出せた時は、葛藤する事なく自分へのご褒美で、心もお腹も満足させたいと思う日々です。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-貧困女子心の100円生活
-

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.