隠される貧困パート主婦の私の職歴


更新日:

6月はボーナスの月なのですね。

元々、新型貧困家庭の我が家には全く関係が無いのですっかり忘れていました。

私は今から10年程前の正社員時代には、それなりにボーナスはありましたが、持病を発症し非正規雇用となってからはボーナスとは程遠い生活を送っています。

夫の会社もまた、現在はまだアルバイト雇用なので、ボーナスは支給されないそうです。

赤字家計を抱える私としては、せめて少しでも夫にボーナスがあれば、借金返済の足しになるのにと思ってしまうのは否めません。

そんな気持ちでいた昨今に、振って沸いたようなパート先の不祥事・・・

隠される貧困パート主婦。

スポンサーリンク

先日、オーナーの元に来た本部に呼び出された店長。

翌日、店は「在庫整理のため臨時休業」の張り紙をして、理由も告げられず、私たち貧困パート主婦は、無限にあるだろうと思われる膨大な量の、商品に添付する賞味期限のラベルの日付を一枚一枚チェックしています。

パート勤務とはいえ、仕事への責任感がありますので、目的の分からない業務は嫌なものです。

ですが、店長(店側)は、その理由を教えてくれず、大まかな推測はつきますが・・・何らかの通報があっての対応なのだと思います。

恐らく、事態の原因は隠されたまま問題解決となるのだろうという空気で、私たちパートは、何らかの隠蔽作業をさせられているという雰囲気です。

そんな中、更に隠される私。

隠される貧困

パート先の異常緊急事態で、不安になるのが給与の問題ですが、それは他のパートさんが店長に聞いたところ「給与は問題なく払います」とのこと。

「店も継続営業しますので、今後もよろしくお願いします」とのことで、その言葉を信じる以外ありません。

どの道、私は来月いっぱいで希望退職と告げていますので、給与がもらえることで安堵しました。

内緒のボーナス(退職金)

そんな私に、店長から「オーナーがボーナスを準備しています、退職金と思ってください」とのことでした。

「この事は、他のパート、アルバイトさんには内緒」で、と。

「なるほど、そういことですか」と、直感的に思いつつも、もちろんそんな隠蔽工作をしなくても、私には店の不祥事は関係のない「ただのパート」なのになと思いました。

むしろ希望退職というより、この時期の在籍を隠してくれというようなボーナス(口止め料)です。

思わぬ臨時収入(へそくり)です。

多少、気が引ける面もありますが、頂けるものは貰っておきますということで、店長にお礼を言いました。

夫にも伝えていないボーナスですので、使い道は自由なお金、そんなお金はもう数年ぶりとなります。

ボーナスが支給されていた頃、その時期に合わせて開催されるバーゲンによく行ったっけ・・・等と遠い目になりながら思い出しました。

あの頃は若かった事もあり、物欲に溢れていました。

貧困女子から借金返済主婦へ

それがカードローン借金を増やし、貧困女子から借金返済主婦へと陥る原因になったのですが。

お洒落が趣味と言う位服飾品が好きで、職場も私服で働ける所だった時もあります。

今は、パートに出勤する時はそれなりに化粧もしますが、動きやすい事と会社の規則もあり服装はTシャツにGパンです。

お洒落をするのは友達と会う時等、ほんの時々となってしまいました。

でも今は、ひょんな事から自由に使えるお金ができても、あんなに溢れていた、服飾品に対する物欲は何処かへ飛んで行ってしまった様です。

現実を直視したからでしょうか・・・その方が好都合なのですけどね。

毎月の借金返済に赤字家計、これからもかかる愛猫の医療費のために使おうと思います。

そして、隠される職歴。

続けて店長から、「Sakuranekoさん、できれば次のパートの求人応募の際、うちでの職務内容は、事務管理にしてもらえませんか?」ということでした。

どういうこと?と、思いましたが、職歴まで隠さなくてはならないこと?と思いましたが、その方が私にも都合の良いことなのだろうと思い、深く詮索しませんでした。

いずれにしても、辞め時だったのでしょう。

次のパートも接客業、レジ職を考えている私ですが、コンビニ事務職といえばマネージャー級の職務となってしまいます。

嘘はいけませんが、そういう事情でパート先から隠されるように退職する現実に直面する貧困主婦の私です。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-貧困女子心の100円生活
-,

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.