貧困危機感のスイッチの違い


更新日:

会社がお盆休みに入った夫です。

私は、これまでほぼ1人きりで行って来た引っ越し作業等々も、手伝ってもらえると当然のように危機脱出もはかどると期待していました。

ところがお盆休み初日にいきなり、「明日は自転車仲間と朝練に行って来るから~」と呑気な様子で夫が私に言って来ました。

貧困危機感、夫のスイッチの違い。

スポンサーリンク

私は思わず、「はあ?!引っ越し作業はどうするの?」と言うと、「朝練だから帰って来てからやるよ~」との事。

私の怒りは最高潮!絶対嘘です。
帰って来ても、疲れたから何だと言い、寝てしまうのが落ち!だと思います。

実際今までもそうでしたし、家庭(妻の私)が危機的な状況でも、その空気を読むといいいますか、夫は貧困危機感に対するスイッチの入れどころが違うのです。

新型貧困を甘くみている夫。

貧困危機感の違い

そもそも家計を全く管理していない夫は、我が家の新型貧困家計っぷりを甘く見ているのです。

引っ越しだって新型貧困家庭からの脱出の為なのに、何処か他人事の様に思っているのが節々から感じられます。

節々から感じる、新型貧困(我が家)の夫の特徴

面倒なことを後回し、先送りしやすい性格。

お金がなくても(今も将来も)何とかなると思っている。

お金がないのに、生産性のない(趣味の自転車)ライフワーク。

人が一日を生活するのにお金がかかるという認識がない。

お金がないという現状に危機感が薄く甘んじやすい。

面倒なことを後回し、先送りしやすい性格も腹立ちますが、何より有言不実行は夫の得意技。

私はそれが一番腹が立ちます。

新型貧困の自覚の薄い夫。

大体、我が家が借金返済を抱える新型貧困家庭に陥った原因は夫にも十分あるのに、それを自覚していない様な素振り。

呑気なのは夫の長所でもありますが、短所でもあります。

夫はお盆休み中は自転車に乗れないから等と言って来ましたが、「誰のお陰で自転車に乗れてるのさ」と、超上から目線の怒りが込み上げて来ました。

それに、昨年に大怪我をして、家計が苦しいながらも「趣味まで取り上げては可哀想」と自転車復帰を許した私も、心が相当広いと自分で思います。(誰もそうは言ってくれませんが)

マイペースもほどほどに、不機嫌な私。

さすがに自転車の練習の為のお小遣いは請求しては来ませんでしたが、私の機嫌は最悪、新型貧困を抜け出すために私ひとりが一生こんなイライラをさせられるのかと思うと、口も聞きたくなくなりました。

夫は自分の言動が原因とは分からない様子で、不機嫌な私に「どうしたの?」と呑気な言葉をかけて来ましたが、その優しさににも腹立ってしまいました。

どうしたもこうしたも・・・貴方のマイペースも程々にして頂きたいのが原因よとは言わずに、ふて寝をした私であります。

とりあえず連日の朝練習から帰って来た夫が、一日でも疲れたからと寝てしまうものなら、私の怒りは連日最高潮に達し堪忍袋の尾も切れます。

それでも悪い人ではない。

だからといって夫は悪い人でも、悪気があるわけでもなく、むしろ普通の家計事情であれば「こんなにお金のかからない夫」で、世間的にも敵のいない人です。

そう思うと、余計に夫の危機感の違いにイライラさせられ堪忍袋の尾も切れそうになります。

夫婦でライフスタイル、価値観が違うといえばそれまでですが、絶対的に新型貧困危機感に対するスイッチの入りどころが違うのです。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-新型貧困生活
-, ,

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.