貧困40代の実態!時給が決まらずも働かざる得ない現実


更新日:

今月の私のパートの給料を時給を元に自分で計算してみますと、ゴールデンウイークと欠員の代打で出勤したお陰か、過去最高額となりました。

これで借金返済に少しの足しになると、新型貧困主婦としては僅かでも安堵の気持ちになったのですが・・・

困っているのは再就職した夫(40代自動車整備士)の給料です。

雇用契約書さえ交わせない待遇(冷遇)なのです。

スポンサーリンク

以前に勤めていた職場に40代となり再就職(出戻り復帰)したのですが、当面は時給のアルバイト非正規雇用で、それは仕方のないこととはいえ、肝心の時給さえ未だに不明なのです。

時給不明って・・・

良い方向で考えれば、確かに夫は器用な面もあり、自動車整備の技術もシッカリしているようですので、会社の計らいで「あまりにも良い仕事をするので、通常の時給では申し訳ないので検討中です」とも、考えましたが、それはいくら何でも楽天家すぎます。

時給が決まらないまま働かざる得ないのが新型貧困40代の現実です。

貧困の現実

以前、離職した際も介護等の負担で会社にご迷惑をかけた前科があるとはいえ「子供のお手伝いじゃあるまいし」と、夫の前で口に出してしまいたくなります。

パートの私でさえ、時給の書かれた契約書にサインした記憶がありますし。

そうは言っても、夫の職場での立場の弱さもあるのかと思うと、忍びなくも思えるのですが、それにしてもいくら何でも!な話しで、世間の風当たりの強さに負けてしまいそうです。

本当に働いているのだろうか?

基本時給が能力に応じて後から決まるという話は聞いたことがありませんので、そんことはあるものか?と、ちゃんと就職しているのかさえ不安に思えました。

よく、テレビドラマで見る、会社に行くフリをして近所の公園で暇を潰しているのではないか、趣味の自転車での通勤ですので、そのまま自転車の練習に行っちゃっていないか等となりますと、無収入となり今月既に赤字の家計にいっそうの大打撃となります。

もしそういう立場の弱さから出社拒否でしたらと、ますます不安になってしまいます。

いかんせん雇用契約書さえない、時給も分からないのですから・・・

もちろんそうだとすれば収入云々とうよりも、夫の心が折れていないかのほうが心配です。
それに気づかないで、お金の心配ばかりする私も最低です。
貧困生活の実態

嫌らしいと思いましたが、夫の会社に愛猫の病気をダシに使って電話をかけてみました。

夫に繋がり、ちゃんと仕事していました。

ホッとするような、情けないやらですが、それが今の私たち貧困生活の置かれた立場、実態なのです。

でもせめて10万円以上は稼いで来て欲しいというのが本意です。

世間一般の40代の方々よりは大分低所得ですがそんな事を考えています。

今は雇用契約さえあやふやな、時給さえ分からないで働いている夫ですが、これまで私たち夫婦が墓穴を掘ったり、身から出たサビや蒔き散らかした種を、丁寧に拾っていくことが将来につながるのではないかと思う次第です。

とにかく赤字家計を切り盛りする私としては、早めに来月の家計簿の見込みを立てたいのですが、時給が不明なので夫の給料の計算のしようがありません。

午前中のみの労働の以前の仕事場よりは、1日8時間勤務の上、土曜日も第2土曜以外は出勤ですので給料は上がると思うのですが。

夫婦合わせて30万円以上稼げれば・・・

夫の給料が例え10万円以上でも、家賃等の必要経費に借金返済や愛猫の治療費等の出費を考えると赤字なので、共働きで30万円以上稼げれば何とか新型貧困家計からは抜け出せるのですが。

私のパートシフトも持病のことを考えると、今以上の労働は心身共に無理な気がします。

借金を抱えて甘えた事を言うなと思われるかも知れませんが、私の持病には疲労が大敵なのです。

主治医にパートをしている事は伝えてありますが、代打勤務での連続通し勤務など、私なりに限界まで働いているとは思っていないと思いますし、伝えたところで、無理しないで下さいと言われるだけですので、時給不明で雇用契約書さえ交わしていないとはいえ、夫婦合わせて30万円の収入も夫が大黒柱であってこそなのです。

それにしても自分たちの蒔いた種とは言え、拾い集めるのは酷く大変だと、少し弱気な事を思ってしまった今日この頃です。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-新型貧困生活
-,

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.