貧乏生活の中での「図太く厚かましく」の温度差


更新日:

無事に引っ越しを終えて、空っぽになった元我が家。予定通りの時間に作業が終わったので、大家さんとの退去の立ち合いをする事になりました。

退去の立ち合いと言うのは、入居時からどの位家全体が汚れたか、設備は壊れていないかを確認し合う事です。

未納分の家賃もある事ですし、後ろめたい気持ちで夫婦共に何となくビクビクしながら、大家さんと立ち合いをしました。

貧乏生活、図太く厚かましく。

スポンサーリンク

とにかく貧乏な私たち、夫婦共に債務整理もしていて借金返済も抱えていますので、自業自得とはいえ「どうしてこうなった」と厳しい現実の生活に心まで貧しくなりがちです。

お金がすべてじゃないとはいえ、生きていくにはお金は必要です。

貧乏夫婦
とかく私たち夫婦の性格は、貧乏生活の中で、耐えずしのび寄るような貧乏風をまともに受けては悲観してしまうので、心機一転これからは何事も図太く厚かましいぐらいの強い気持ちを持とうと思っています。

自己主張することに気後れする性格。

夫婦共に、借金返済に追われて懲りた経験というべきでしょうか。

借金してる(した)ことや、それが原因で貧乏な暮らしぶり、就職難から安定した収入が得られない将来への不安等から、相手の請求や要求に対して「文句を言えない立場」と始めから思っているところがあるような気がします。

変なところで男(女)の美学のような、自己破産した夫、任意整理した私たち夫婦ですけど「人柄はいいんですよ」みたいなアピールというか、そうすることで自己保身(満足?)のようなものを感じていたところがあり、これまで言われるがままに支払い、職場での無理なシフトも受けてきました。

ですが、(金融会社以外)に誰にも迷惑はかけていないわけで、そんな後ろめたさのようなものを引きずらずに、もっと図太く「言うことは言う」気後れしないようにと思っています。

そこで、大家さんに図太く厚かましいお願いをしてみました。

もう転居する立場でありながら、家賃未納分は敷金から相殺しないで分割払いにしてくださったり、本当によくしてくれた大家さんです。

今回の退去の立会いも、いつも腰の低い大家さん、お世話になりました~等と世間話もしながらの設備の確認は特に大きな問題も無く直ぐに済みました。

そんな優しい大家さんに、夫婦で前々から考えていた最後のお願いをしてみる事にしました。

以前の思考であれば口に出せなかった図太さ厚かましいことです。

それは、ガスコンロ台を買い取らせて頂けないかと言う事です。

引越し先のガスコンロ台は、ガス屋さんも首を捻る程のボロボロっぷり。

いつ壊れてもおかしくない状態です。
更に、火災が起きてしまったらもっと大変な事になってしまうと思うほど危ない状態でもあります。

ガスコンロ台一つ買うにも、今は安くても1万円以上はします。
新型貧困家庭の我が家には買い換え等出来る訳がありません。

そこで、大家さんの人柄につけ込むと言うのは言い方が悪いですが、買い換えよりも安価で買い取らせてくれないかと思い、厚かましくも図太く大家さんにお願いしました。

大家さんは始めは驚いていました。

ガスコンロ台は、値段があってない様な物ですし、「ホームセンターに行けば安く買えますよ」と言って来ました。

いやいや、そのお金を捻出するのも大変なんですよ、なんて事は言わずに、夫が「使い慣れた物なので」と、上手く話に付け加えてくれました。

大家さんは「そうですか、ではガス屋さんとも相談して後日連絡しますね」と即決は得られずでしたが前向きな返答を頂けました。

そして翌日、早速大家さんから連絡があり、ガスコンロ台は無料で持って行って頂いて良いですよとの事でした。

無料とは新型貧困家庭にとっては何よりです。

新型貧困家庭の夫婦

貧乏生活の中での図太さ厚かましさの温度差。

本当に厚かましいお願いなのに・・・ありがとうございますと大家さんにはやはり足を向けて寝られないと改めて思いました。

10年以上物の、ボロボロのガスコンロ台が、無料で6年物に換えられます。
迷惑をかけまくっているにも関わらず、大家さんの心の広さに感謝です。

貧乏夫婦の最後のお願い、ある意味大家さんの人柄につけ込む形の厚かましさと図太さを発揮してしまいましたが、大家さん(相手)にはそう思われていないのかな?とも思いました。

夫の一言「使い慣れた物なので」も、大家さんにしてみれば「こんな中古品を?」と温度差のある申し入れだったに違いありません。

貧乏に負けないための「図太さ厚かましさ」も、冷静に考えてまますと、相手との温度差で時に厚かましくなく図太くもないもの(自己主張)に受け止められると思いました。

これ以上大家さんには迷惑をかけられまいと、家賃未納分も含め、修繕費もビクビクものではありますが、誠意を持って支払って行こうと改めて誓いを固めた貧乏夫婦です。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-新型貧困生活
-

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.