外食ラーメンの進化とコスパに満足できない貧乏主婦


更新日:

最近の冷え込みから、食に無頓着な夫が珍しく「たまには、ラーメン食べに行きたいね」と、言い始めていました。

私の地域のラーメン店は、とんこつ醤油の「家系」が多く、私も貧困女子の頃からよく食べ親しんできました。

よく行ったラーメン店界隈も、昔は安かった気がするのですが、今はトッピングなしで700円は当たり前です。

外食ラーメンの進化についていけない貧乏主婦です。

スポンサーリンク

パート先のコンビニでも、目覚しく進化するラーメンの新商品やカップ麺のコラボ製品などが並んでいます。

ひとつ300円近くする高級カップ麺、もしくは500円近い冷蔵ラーメンなど、とてもではないですが貧乏主婦には高嶺の花です。

まして外食ラーメンともなりますと、袋ラーメンで満足できてしまう私にはこだわりというものがない分、その進化ぶりに関心が持てないでいます。

ラーメン博物館

引用:http://www.raumen.co.jp/floor/

ラーメン店のサービスも進化してます。

今回、夫が「ラーメン食べに行きたいね」と言ってきたのも、携帯にラーメン店からクーポン券が送られてきたのが原因のようでした。

携帯を見せるとトッピング無料となるサービスで、まるでマックのようで、そのメール配信サービスの進化にも少し驚きです。

それにそのお店は、かなり前に1度行っただけの個人がされてる普通のラーメン店だったと思います。

私自身は忘れていたぐらいですけど、夫が携帯を登録していたぐらいですから、美味しかったのだろうと思いますが、トッピングが無料とはいえ、いかんせん最低でも700円のラーメンは・・・

お店としてはコストパフォーマンスで勝負なのでしょうけど。

貧乏主婦には外食ラーメンのコスパに満足できません。

ラーメン一杯700円としてトッピングをすればすぐに1000円ですから、無料クーポンがあっても貧乏主婦のコスパには、どうしても見合いません。

夏ごろに申し込んだ懸賞の長崎チャンポンはハズレましたので、私たち夫婦はかれこれ1年は外食ラーメンを食べていないと思います。

というより袋ラーメン、普通の昔ながらにあるカップ麺以外は、正直コスパの面で食べていない(記憶がない)です。

そうは言っても、たまに食べたくなる外食ラーメンです。

貧困少女の頃のおやつが、トマトやトウモロコシといった野菜で育ちましたので、その頃に流行り出し初めて食べた「家系」ラーメンのギトギトしたスープながらアッサリした美味しさは、今でもよく覚えていますので嫌いではないです。

まだ今ほど生活が困窮する以前は、夫ともラーメンデートをしたこともありますし、実際たまには食べたくなります。

そんな食欲を抑えつつ、昨夜は生ラーメンを夕食として作りました。

貧乏主婦のラーメン作り

茹でるだけの麺に、もやしと白髪ネギを入れて生卵を落としただけでしたが、貧乏主婦なりの最高のコストパフォーマンスです。

これにチャーシューがあれば完璧ですが、袋ラーメン続きでしたので夫も私も中々美味しく満足でした。

そして夜中・・・

眠る前に、夫がボソっと「たまには、ラーメン食べに行きたいね」と、また言ってました。

「今ラーメン食べたばかりじゃん」と、思った私ですが、私自身も生ラーメンのせいで進化する最近の外食ラーメンを食べたい気持ちになっていました。

というよりも、たまにはラーメンを外で食べるの雰囲気を味わいたいと思いました。

最近の寒さから、夜鳴きそばのラッパの音が聞こえる我が家ですので、しばらくは「外食ラーメン食べたい熱」に冒されそうです。

余裕がある時にでも貧乏家計をやり繰りして、久しぶりに外食ラーメンでもと年内の予定に入れた次第です。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-貧困女子心の100円生活
-

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.