貧乏基準は100円生活、でも貧しい人にはなりたくない


更新日:

私が働いている某100円ショップでは、野菜等の生鮮食品から雑貨まで、色々な商品が揃っています。
100円で驚く商品もあれば、やっぱり100円ね、とやや失望感に似た感じの商品もありますが。

私はこの100円ショップで働き始めて4年目、従業員の中では年齢も含めて中堅位です。
とにかく品数が多い店内ですが、何処に何があるかは、もうほぼ暗記しています。

スポンサーリンク

貧乏の基準。

貧乏って、どこからどこまでが貧乏なのかアバウトな感覚ですけど、バイト先が100円ショップということもあり、我が家の貧乏基準は100円が生活水準になりました。

貧乏家計の我が家は、買い出しに行く時は100円を目安にしています。

いつも夫と共に3軒位のスーパーをハシゴして買い出しをするのですが、100円より安いか、又は価値があるかで購入を決める様にしています。

野菜等は特に、大根1本が例えば大手スーパーで138円ならば、バイト先で買った方がお得だと判断して買いません。
逆に、容量等が多くて100円より少し高いならば、買うと言う判断です。

大手スーパーでは、値引き品を主に買っています。
肉類等は、消費期限が迫っていても冷凍してしまえば長持ちしますし・・・大体がまとめ買いです。

家計でまず削れるのは、食費ですものね。

数年前にあれだけ、お金を遣うだけ遣って、なくなれば借金してまで必要を満たしていたのに、今では100円が貧乏食卓、食材の基準になっています。

というより、貧乏ゆえに100円生活を楽しんでいるというほうが近いかもしれません。

100均クリスマスリーフ

これはオール100円、全部で600円でデコレートしたクリスマスリーフです。
心の貧乏基準まで貧しくならないように、工夫もしています。

貧しい人にはなりたくない。

バイト先の100円ショップには、色々なお客様が来店されます。

バイトも最近は人手不足により、昼間のシフトだけではなく、夜のシフトも出勤する様になったので、お客様も本当に様々です。
やっぱり経済的に乏しいほうの部類の人が多いでしょうか。
昼間は主婦の方や高齢の方が多いのですが、夜は男性や若い方が中心です。

駅の近くですので、電車の到着時刻に合わせて、お客様の来店の波があります。
特に夜は、お惣菜やお酒のつまみ類がよく売れます。
昼間は、野菜類が中心です。

レジ打ちは職歴から慣れたものなのですが、大変なのはレジ打ちした商品を袋に入れるサッカー作業です。
スーパーではなく、あくまでコンビニですので、店内にセルフサービスのサッカー台はありません。

大量の商品を買われたお客様のサッカーは、中々時間がかかり大変です。
最初は手が痛くなりました。
重いものは下に、つぶれてしまいそうなものは上にと、かなり気を遣っています。

それでも、時々文句を言って来る方がいたりもします。

いつも同じ方なのですが、最近は顔を覚えてしまい、そのお客さんがレジに並んでいるとがっかりします。
そして、何かしら文句(小言)を言わずにはいられないようで、必ず文句をつけられてしまいます。

商品は、毎日のようにたくさん買ってくれるので、おそらく私より裕福な方なんだと思いますけど、文句をつけられるたびに「またぁ?心まで貧しい人はしようがないわね」と、心の中で呟いています。

そんなに文句ばかりならば来なければ良いのに、と思ってしまいますが、お客様はお客様です。
貧乏生活の基準は100円でも、あんな貧しい心、貧しい人にはなりたくないと、伝染しないように、とりあえず営業スマイル全開で接客しています。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-貧困女子心の100円生活
-

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.