長い一日10万円払えば夫は返してもらえますか?


更新日:

何が何だかサッパリ分からないまま、夫が任意同行されてしまい、警察から週末は会えないと聞いていたので週明けの月曜日の朝一番で会いにいくつもりでいました。

とうよりは私としては、「これは何かの間違いなので、夫を家に返して欲しい」と連れ戻しにいくつもりでした。

そう思っていた日曜日・・・

とうばん弁護士という方から連絡がありました。

スポンサーリンク

見知らぬ着信番号でした。

知らない番号や非通知は日頃は出ないですが、こんな時は見知らぬ着信番号のほうが出ます。

とうばん弁護士の方は、夫から依頼を受けた弁護士とのことでした。

心配と不安でいっぱいの私には渡りに舟でしたが、何を言ってるのか要領を得ませんでした。

「こうりゅう」「せっけん」「ひにん」等。

夫は「私に心配するな」と伝えたい事は通じましたが、法律の専門用語が分からないので、肝心の夫の現状が掴めませんでした。

私は「すみません、こういう事は始めてで申し訳ないですが、分かりやすく説明してください」と頼みました。

改めて最初から状況を説明してくださり、そもそも「とうばん弁護士」とは当番制の弁護士とのことでした。

こうりゅうは勾留(警察所に留められること)

せっけんは接見、面会のこと。

ひにんは、否認、容疑を認めていないことでした。

そして任意同行されたその日に逮捕状が出て逮捕されたとのことでした。

夫は、仕事先で車の解体を頼まれ、その車が盗難車であったことから、盗まれた事を知っていて解体したのではないかという容疑とのことで、罪名は窃盗のことでした。

「そんな訳ありませんので、どうしたらいいのですか?」と、私は問い詰めるように聞き返しました。

「警察の捜査次第です」と事務的に言われました。

加えて当番弁護士さんは、「確かにご主人さんからの伝言は伝えました。」

「この先の弁護の依頼を受けるには料金がかかります。」

その料金もご主人が「奥さんに聞いてみてくれ」とのことでしたが、いかがされますか?と料金請求されてしまいました。

10万円です。

10万円はすぐ出せるお金じゃないですけど、それで夫が帰ってくるならいくらでも払います。

私は、10万円払えば夫は返してもらえますか?と聞きました。

当番弁護士の方は、ご主人は前科前歴もありませんので、捜査次第ですがすぐ帰って来れると思いますとのことでした。

「すぐとは・・・?」と聞くと、最低10日はかかります長くて20日、それから裁判になりますとのことでした。

「そんなに?それに裁判って」と思いましたが、その裁判にはどの道弁護士がいないと始まらないとも説明を受けました。

私は「とにかく一度夫と会ってから、依頼するなら当番弁護士(○○弁護士事務所)に依頼します」と答えると、しばらく夫に面会できない可能性が高いと言われました。

ますます混乱しましたが、夫は容疑を否認しているため弁護士しか会えないと説明されました。

その後は、何を説明されたか混乱しっぱなしで、とにかく依頼するなら連絡くださいとのことで電話が切られました。

そして今日の朝一番。

当番弁護士の方のアドバイス通りに、夫が留められている(勾留?留置だったかどちらかの)警察に電話して面会に行って会えるか聞いてみたところ・・・

「12月1日まで接見禁止です」と言われました。

途方に暮れて10万円のうち7万円をかき集めて、そのまま当番弁護士の事務所に伺いました。

ようやくそれで置かれた状況が分かりました。

クタクタでしたけど、その後パート先と夫の会社に連絡を入れ、パート先には「夫が事故で入院した」と誤魔化しました。

12月1日までは面会もできないので、夫を見守ることしかできず、働かなければ生活ができないですけど、今はとてもそれどころじゃなくただ困惑するばかりです。

お見苦しいブログ内容ですが、せめて何かに没頭できればの思いで書いてます。
ご気分を害された読者さまがおられましたらご容赦お願いします。
スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-夫が逮捕

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.