とうとう食べるのが精一杯となりました


更新日:

主に金策で色々と行動をしなくてはならない週末でしたが、月末のお給料日前でお金がなく、とうとう食べるのが精一杯の状況に追い込まれてしまいました。

昨日今日はは何も行動(連絡)できずでした。

ひたすら明日のお給料日を待ってます。

スポンサーリンク

もともとギリギリの生活費の中から、夫の面会の交通費に差し入れを捻出しているわけですから、どこかでシワ寄せが来ます。

利息のかからない支払いや、先伸ばしできるものは後回しにしているのが現状です。

夫との手紙のやり取りも、極力速達は慎まなくてはと思った次第です。

拘置所への面会も行けてません。

単純に往復の交通費がないということもありますが、既にパート先のシフトに頻繁に穴を開けてますので、これ以上は無理に休めない空気というのもあります。

生活がかかっているというのもありますが。

ですが、拘置所に移されてまだ会ってませんので、早急に面会とは思ってますが如何せんお給料が入らないことにはという、こんな時でも情けない状況です。

そのお陰で連帯保証人の件も立ち消えたように感じています。

夫の事件の共犯(元上司)の奥さまに借金の連帯保証人を頼んでいるのですが、4日前に話をして少しこじれて、夫に面会できなかった事もあり、それっきりにしてしまっています。

借金を債務整理をするまでに至った私ですので、お金を借りれる時は何事も話がスムーズに運ぶものだという感覚があります。

今回はスムーズさに欠いて、時間が経ってしまい「勢い」のようなものが削がれてしまった気もしています。

やはりあの時、私の一存で50万円をお貸しする条件を受ければよかったのかと、慎重すぎたのかもしれないと、切迫する生活費を考えながら食べるのが精一杯の今日です。

何とか、どうにか明日のお給料日を迎えようとしています。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-夫が逮捕

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.