貧乏家庭の度を越えた真夜中の空腹


更新日:

昨日は夫婦共にお給料日でした。

いつもですと、ささやかな親子丼(かさまし)を振舞うのですが、ちょうど近所に住む叔母が「ぜんまい」を大量にくださったおかげで、ぜんまい料理となりました。

そうは言っても私は、ぜんまいレシピは煮ること(ナムル風?)しか知らず、そこに油揚げとこんにゃくを混ぜ入れるだけなのですが。

自分でも結構食欲の沸いてくる和の食事で、腹持ちもよく、夫とフライパンいっぱいに作った「ぜんまい煮」を平らげました。

ですが、空腹で目覚める貧乏家庭の真夜中でした。

スポンサーリンク

寝る前には、ぜんまい煮が消化してしまったのか空腹感を覚えていたのですが、そのまま寝付くことにしました。

お布団に入り、「やっぱり、ぜんまいだけじゃカロリー(エネルギー)が足りないんだな」もう一品必要ねと思いながら、空いたお腹を我慢して寝ました。

深夜4時、空腹で目覚めた私です。

空腹で目覚めるというのもどうかと思いますが・・・それでも眠気が勝りまた寝ようとしたのですが、次第に「お腹空いたなぁ」と思い始め目も冴えてきました。

何か食べようにも布団から出るのも億劫で、貧困女子時代を思い出してしまうかのように、そのまま「お腹空いたなぁ」と天井を見つめていました。

貧乏家庭の真夜中の空腹

私が空腹ということは、夫はもっと空腹じゃないかしら?

自動車整備士の夫のほうが体力(カロリー)消耗するわけですから、「今頃お腹も空いてるでしょうに」と、隣に寝ている夫を見ますと・・・

ガンガンに目を開けて起きてました。

私はビックリしてしまい、「起きてるの?どうしたの?」と尋ねました。

「腹が減って眠れない」と言うのです。

思わず「ぷっ」と吹き出してしまいました。

度を越えた空腹で、真夜中に起きてしった貧乏家庭です。

そのこと、眠っていられないほど度を越えた空腹ということ自体に、貧乏家庭であることを忘れてしまうぐらい可笑しくて、私は夫に「やっぱり、ぜんまい美味しいけど、すぐお腹空いちゃうね」と言って、真夜中に大笑いでした。

夫は、「何が面白いの?」と不思議がってましたが、何だか笑えてしまいました。

外はまだ真っ暗でしたけど、「もう起きて朝食にする?」と私が聞くと、夫は布団を被り「もう少し寝るね」と言って寝返りを打ちました。

昨夜は、食費を極限まで切り詰めた貧乏家庭の主婦の度を越えた失敗でした。

翌朝は早めに起きて、貧乏家庭なりに朝食を盛りだくさんにしました。

私は、お腹の空いている時の朝食が一番好きですので、夜中に空腹で目覚めさせてしまった夫に申し訳ないことをした想いから、早めに起きてご飯を炊きました。

それからぜんまいの煮物にスクランブルエッグを絡まして、お味噌汁もぜんまい汁にして・・・その辺は残り物処理ですが。

ふりかけに瓶詰めのエノキも出して、見た目だけでも旅館の朝食風にしてあげました。

夫は笑いながら、「ぜんまい嫌いになりそう」と言っていましたが。

頂き物の「ぜんまい」で2食を賄える事はありがたいですが。

昨夜の夕食は安易にまとめてしまいました。

今夜は1日遅れで、お給料日恒例の55円プラスの「かさまし親子丼」でした。

これからも頻繁に豪華な?食事は出せませんが、せめて「ひもじい思い」、夜中に空腹で目が覚めるようなことは避けるように、貧乏家庭の食欲の秋の主婦の腕の見せ所と思った次第です。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-貧困女子心の100円生活
-

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.