貧困家庭なのに分不相応な家に住んでいるのが大間違いなのです


更新日:

家賃の支払い日が近付いて来ました。

返済、引き落とし、支払いと次から次ですが、銀行口座の残高がまた一気に減ります。

貧困家庭なのに分不相応な家に住んでいるのが大間違いなのです。

スポンサーリンク

到底、夫と私の収入だけでは、家賃、借金、愛猫の治療費全てを、まかないきれません。

私のパート代は借金返済に消えますし、愛猫の治療費もあります。

それに加えて、光熱費や通信費の支払いもあります。

なので父親(養父)の保険金の残りに頼る事になるのですが、それにも限りがあります。

せめて生活費に一ヶ月分だけでも余裕があれば・・・

そういう意味でも、主人の再就職の雇用条件は正社員、賞与が欲しかったのですが。

夫の年収=家賃という分不相応な家。

分不相応な家

我が家は築年数は古いですが、二階建ての戸建てです。

家賃は駐車場込みで10万8千円です。
この金額でも近辺の相場では安い方です。値切りもしました。

何せ大家さんがとても良い方で、敷金礼金無し、更新料も無しで住まわせて下さいました。

当時は、お互いの通勤時間や夫の母親の介護もあり、地理的にこの地域が一番利便性があり、やむを得ない面もあってのペット可の一番安い物件だったのですが・・・

夫の首の大怪我があったとはいえ、男のプライドもあるでしょうから口にしませんが、「どこに家賃が夫の年収とイコールという家庭があるのさ」と、今さらながらその分不相応ぶりに恐ろしくも感じます。

まだまだ甘い我が家です。
今は愛猫と3ファミリー雨風しのげればそれでいいのです。

早く、家賃のかからない分相応な父の家に引っ越して、根本的に赤字家計を立て直して貧困家庭生活を抜け出さなければなりません。

素敵な大家さんでした。

困ってる人には手をさし伸ばそうと、困ってる私にそう思わせてくれる方です。

大家さんには我が家の貧困家庭や、諸々の事情は知られていないと思いますが、度々家賃を滞納する事もあったので、お金に困っている事は感づかれているかも知れません。
それでも大家さんはいつも腰が低く、会う度に笑顔で挨拶をして下さいます。

父親(養父)の家へと引っ越しをする事は大家さんにも伝えました。

度々家賃滞納でご面倒おかけしてるにも関わらず「大変ですね、長い間ありがとうございました」と言いながら、大家さんは自宅にある工具や車を無料で引っ越し作業の為に貸して下さるとも言って下さいました。

困ってる人に手をさし伸ばす

こちらは出て行くと言うのに、何処まで良い方なのだろうと思います。

無料とはいえ、何がしかのお礼はしなくてなりませんが・・・

まさか100円グッズとはいかず、すぐにお礼する余裕がありません。

今回は大家さんのご厚意にも支えてもらうとして、無事に引っ越しを終えて、生活を立て直して大家さんにお礼にあがることを目標に日々また頑張ろうと思えました。

良い大家さんに恵まれて本当に幸いです。

困っている方に手をさし伸ばす余裕がないのですが、貧困家庭だからこそ、人との巡り合わせ、それも大切にしなければなと思いました。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-新型貧困生活
-

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.