嫌味なマネージャー!自分責めの境地でパート早退


更新日:

無事にお給料日を迎えられ債務整理の定額返済も振り込み、最貧困ゾーンも何とか乗り切れ、ようやく人並みな貧乏家計になった我が家。

そんな矢先なのですが・・・

実はパート先で精神的に追い詰められていて、とうとう早退してしまいました。

とにかく、嫌味なマネージャーなのです。

スポンサーリンク

パート先には店長の他に、マネージャーと言う女性の社員さんが居ます。

立場的には店長より上です。

年齢も私と同じ位だと思うのですが、その方が、一癖も二癖もある方だと最近になって気付きました。
とにかく仕事に関して細かく、それは良いのですが、注意の仕方が嫌味なのです。

私はまだ入社してやっと1ヶ月になろうかと言う新人です。

その事ばかりに甘んじていてばかりいるのもどうかとも思いますが、言われた仕事をこなす事で精一杯です。

当然、手慣れた先輩パートさんより仕事の速度も遅い訳です。

そんな私の仕事振りに、マネージャーがイライラしているのがありありと嫌味なほどに感るのです。

コンビニの業務はレジ接客だけでなく、FFと呼ばれる商品の調理、検品に品出し、清掃等々、数えればきりがなく、全ての業務を完璧に覚えるには時間がそれなりにかかる事は経験上分かっています。

それなので私なりに・・・

パート主婦のメモ帳

帰宅してからメモ帳に業務内容を記しては暗記出来る様に陰ながら努力していたつもりです。

そんな努力も虚しく、マネージャーからは「そんな事もまだ出来ないの?」と言う嫌味(真意)が、表向きの作り笑顔と裏腹にヒシヒシと伝わって来るのです。

その度、私は無力感に襲われ「自分はこの職場に居て良いのか?」と、ボコボコに凹んだ気持ちになります。

自分責めの境地です。

何の役にも立っていない、ただの時給泥棒のように自分が思えてきて、当然仕事へのやる気も落ちます。

「いっその事、辞めてしまおうか」とも思いますが、こんな事でへこたれていては、何処に勤めてもやって行けないのではないか。

常連客で私を気遣ってくれた叔母の顔を潰す事にもなると、板挟みの気持ちになります。

貧困主婦の板ばさみ
何より我が家は借金返済を抱える新型貧困家庭。
ようやく人並みの貧乏家計になったばかり、私が無収入になる訳には行かないのです。

遂に、店に立つのが限界でした。

そんな事情と、マネージャーのプレッシャー(他にも諸々)を日々抱え、今日もパート先に出勤しましたら、先輩パートさんに顔色が悪いねと言われました。

それもその筈、朝食も食べれず気力的にはもう限界でした。

私が「あまり体調が良くないです」と告げると、先輩パートさんは心配しながら「店長に言って早退させて貰いなよ」と言って来ました。

早退と言う事は、時給制なので当然給料が減ります。

でもとても17時まで精神力が持つ自信が、その時はありませんでした。

この状態で店に立っても、かえって迷惑をかけるのではないかとも思い、店長に素直に早退を願い出ました。

店長は代打を探してくれ、昼でパートを早退してきました。

家で久々にゆっくりと休みました。

パート先の状況は絶縁した母親のこともあり、夫に逐一話しており常々「身体に不調をきたす様ならパートを続けていても意味が無い」と言われていましたが。

次にマネージャーと仕事をした時に何を言われるかと思うと先が思いやられます。

ですが、我が家は経済的危機を全て乗り越えた訳ではありません。

とりあえず新型貧困家庭脱出の為、マネージャーの嫌味とプレッシャーに押し潰されない様にし「もう少し頑張ってみようか」と、愛猫とゴロゴロしてリラックスしています。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-新型貧困生活
-,

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.