借金もローンひとつ組めない夫婦ですが何とか暮らしています


更新日:

月末のお給料日前に4月の家計簿を締めました。
やはり10万円近い赤字でした。

やはり愛猫の抗ガン剤の治療費が想定以上に家計を圧迫しています。
これから先も、腫瘍の状態を経過観察しながら抗ガン剤治療を続けて行くので、5月の家計の予算が立てられないでいます。

一体どの位の治療費がかかるのか。

愛猫を助けたい気持ちで、食費は「塩むすび」でも、しのごうと覚悟しているものの、現実には赤字家計への不安の板挟みになっています。

貧困家計 塩むすび

それでも、赤字が出ても我が家は何とか暮らして行けています。

借金もローンひとつ組めない夫婦ですが何とか暮らしています。

スポンサーリンク

それはタンス預金がある訳ではなく、去年に他界した父(養父)の保険金の残りがあるからです。

保険金から葬儀代や納骨代等を払っても、半分位が残りました。

それから父(養父)の遺品を買い取り店に持ち込み、現金にかえたりもしています。

父はコレクターで、色々な物を収集していました。

遺品を売ってしまうのは、心苦しい時もあるのですが。

それでも、保険金にも限りがあります。

引っ越しの費用の事等を考えると、本当は手をつけてはいけないお金です。

私は債務整理、夫は過去に自己破産。

多重債務夫婦
夫婦揃ってブラックリストに載ってしまった私達は、借金ももローンひとつ組む事も出来ません。

ブラックリストに載っても借り入れが出来る所はありますが、きちんとした会社ではなかったり、いわゆる闇金融だったりと、怖くて手は出せません。

債務整理をした司法書士事務所の方からも、新たに借り入れする事の無い様にと、アドバイスされました。

なので、今ある現金で赤字家計をやりくりして行くしかないのです。

その今ある現金さえも、父(養父)が、一人娘の私に全額遺言してくれたおかげですので、本当に今の貧困家計は恵まれているんだと感謝しきりです。

必ず、亡き父(養父)の為にも貧困家計から抜け出して、自分たちの力で頑張るしかないのです。

頼るのは、父(養父)が最後です。

父(養父)もそう思って、全額遺してくれたものだと信じています。

だから、私たち夫婦は、人に頼らない人生を約束したのです。

時々ヤフーオークション等を利用する事もあります。

不要品は、出来る限り現金にかえる様にして、物々交換の様な感じです。

借金返済と、新型貧困家計に陥って、借金もローンひとつ組めなくなってからは、買い取り店にやたらと詳しくなってしまいました。

でもこれも、何とか生きて行く為の知恵です。

父(養父)が遺してくれたお金は大切に思い、なるべく手をつけずに、今日も知恵を振り絞っている次第です。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-借金返済生活
-,

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.