疲れきった私に夫からの謝罪の手紙


更新日:

昨日、拘置所への夫の面会から帰宅してポストを見ますと、夫からの手紙が届いていました。

おそらく面会より2~3日前に書いたものだと思います。

さっそく家の中に入り読んでみますと、そこにはビッシリと謝罪の言葉が綴られていました。

夫からの謝罪の手紙。

スポンサーリンク

そこには事件を起こしたことは勿論、私への謝罪の気持ちが書かれていました。

少し前の私であれば、もっとこっちの身になって反省しろ等、気持ちを逆撫でされていたかもしれません。

それ故に、夫もビッシリと書いたと思いますが。

しかし、今は本当に夫のご先祖さまのような気持ちで、(ある意味、他人のように)温かく見守ることができるので、素直に私の気持ちに夫の謝罪の気持ちが伝わってきました。

手紙に書かれていた夫婦の思い出の写真を見ながら、何度も読み返しました。

疲れきった私に夫からの謝罪の手紙

最後に書かれていた言葉が同じ気持ちでした。

一緒に過ごした(出会った頃)が懐かしいとありました。

そこに戻りたいという後悔の気持ちを有りありと感じました。

もちろん私もそう思いますが、時計の針はけして戻ることはありません。

それから社会復帰した際の、夫婦の進む道のような考えも書かれていました。

それも素直に嬉しく思いました。

この手紙を読んでから面会に行けば、また違う態度だったかもしれません。

私は、一度外れたボタンをかけ直すのは難しいものだと思いました。

夫の真摯な謝罪、究極的に好きか嫌いかという問題よりは、大局的な面で何もかもが手遅れと思いながら読み返しました。

もしかするとそんな私の気持ちを察しての、引き留め?とも思いましたが。

読みながら「嬉しい哀しい」ではなく、悔しいという気持ちが強かったです。

何に対してでもなく、しいて言えば自分への悔しさでしょうか。

疲れきった私に夫からの謝罪の手紙

ただ、疲れ切ってしまっただけです。

結婚当初からお互いに借金があり、夫婦揃って債務整理をし、これから頑張ろうという矢先の新型貧困(夫婦そろって無職、無収入)生活でした。

自業自得とはいえ、その貧困生活を抜けすことに費やした精神力と言いますかパワーのようなものが、今回の事件で失ったような感じなのです。

少し休ませてください、と言うのが率直な気持ちで、もはや自業自得なことを取り返すことにも疲れました。

この週末に叔母に金策の相談にあがるのですが、その際に離婚のことは避けられない話となりますので、私も夫の手紙のように素直に叔母に謝罪して、率直な気持ちを伝えたいと思っています。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-夫が逮捕
-

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.