夫の逮捕で誰にも話せない2つのこと


投稿日:

夫が逮捕されて、今の私の複雑な気持ちを誰にも言えず、どこにもぶつけられず。

そんな時でも借金返済は免除されることなく、今日37回目の任意整理した分の返済も済ませました。

コンビニのバイトの最中も、うなだれてるような表情(オーラ)を同僚パートさんに心配されてるほどです。

だからと言って・・・

夫が逮捕されてることは、誰にでも話せることでもないですし。

スポンサーリンク

接見(面会)禁止が余計に、言いたいこと聞きたいこと、確かめたいことを募らせます。

ひとりで抱え込んだところで、ただただ時間が過ぎていくだけというのは、借金まみれの多重債務者になった時に経験済みですけど・・・

夫の事件逮捕、こればかりは誰にでも相談というわけにはいかず、結局ひとりで抱え込んで、抱えきれずにいる次第です。

何度も書き直した夫への手紙。

私が言いたいこと聞きたいこと、確かめたいことを、何度も書いては直して書き直して。

でも書けば書くほど、夫に問い正すような責める内容になってしまいます。

結局、日増しに離婚に傾いていく気持ちを抑えて、便箋1冊を使い切り出したのはこれだけです。

拝啓
あなたがこの手紙を読む日には面会もできると聞きました。

こんな形で、夫に手紙を書くとは思いも寄らずでしたが、体調のほうはいかがですか。

私のほうは何とか持病も不安定ながらも安定しています。

家には叔母が泊まりにきてくれ、あなたの帰りを待っていますので、弁護士の先生とよく相談をして早く帰ってくることだけを考えてください。

早く帰ってきさえすれば、何もなかった事と思えるのかもしれないという気持ちです。

もうひとつの誰にも話せない事は、離婚への考えです。

いま一緒に暮らして寄り添ってくれてる叔母は、離婚が決まり事のように考えていることもあり、これからも離婚については頭から離れずだと思います。

でもこの事も、夫が逮捕されている事と同様に、誰にでも話せることではありません。

私たちは一般的多くの普通の夫婦と違い、身寄りのない者同士という点があります。

我が家に子供がいればまた違う感情を持つのかもしれませんが、貧困でもお金がなくても、どこからも借りれなくても(夫婦ともに債務整理しているため)

ひとりより二人の精神で頑張ってきたという部分が、夫婦としての愛情と同じぐらいあります。

本心では、見捨てられないのです。

お互い身寄りのない者同士の上に、私は母親に育児放棄されて里子に出されています。

そのこと自体で、私はより幸せになりましたが、幼い当時はやはり「母親に捨てられた」という気持ちをずっと抱いていました。

まだネグレスト(育児放棄)なんて言葉が世に浸透する前の頃です。

それが故に、私は人に必要とされないことに人一倍敏感な貧困少女に育ち、「この世に不必要な人なんていない」って信じてきました。

だから夫を見捨てられない私が居ることも分かっています。

私の離婚への考え、この事も誰かに話すとすれば、自分が不憫になるだけで誰にでも話せる(相談できる)ことではありません。

夫が逮捕されている事と、私の離婚への考えの2つは誰にでも話せるものではなく、ただただ抱え込んで抱えきれずにいる毎日が続いています。

ですので、会って確かめたい・・・会えば分かるので。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-夫が逮捕
-,

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.