夫が無職、無収入の貧困生活です


更新日:

夫の次の仕事はゴールデンウイーク明けから始まります。
それでも夫は焦らずにいます。

我が家が借金返済を抱える新型貧困生活であるのは重々承知しているのだと思いますが。 

夫は今、社会一般的に言ってしまえば夫は無職、無収入の状態です。

スポンサーリンク

焦らないのも夫の長所と言えばそうなのですが、私があくせくパートに励んでいるのに、もう少し自分の立場を自覚して欲しいと不満が爆発してしまいそうになる時もあります。

でも夫は、パートで忙しい私に代わって、文句の一つも言わず家事や愛猫の世話を引き受けてくれています。

言うなれば今は主夫です。

私にとっては、かけがいのない主夫です。

私が持病の症状が悪化した時期も、家事を一手に担ってくれていました。
夫に「出来なくてごめんね」と謝ると、今の俺に出来る事はこれ位だから、家事は元気な時だけしてくれれば良いからと言ってくれていました。

無職無収入の貧困生活

夫は私の持病にも理解があります。
それは、同じ病で実の兄を失っているからです。
若くして自身で命を絶ってしまった実兄、離れて暮らしていたそうですが仲が良かった分、それは辛かったと過去に聞いた事があります。

それなので、夫の私に対する想いや優しさは真摯なものだと感じます。

夫の自覚。

仕事に対する責任感や意欲、一家の大黒柱だと言う自覚には正直、夫は欠けていると思います。

それは育った環境、母親と2人暮らしで家計を管理した事が無い事や色々な事が関係しているのだと思います。
私が「早く働いてよ」と促すと、逆に夫にとってはプレッシャーになり、労働意欲を欠いてしまうと今までの夫婦生活から学びました。

焦る気持ちや不満をぐっと堪えて、見守るのが一番良いのだと。

ただ、それだと貧困生活を抜け出すことはできません。

借金返済も待ってくれません。
家計をやり繰りしている私にとっては、それが深刻な問題です。

夫の無職、無収入期間は貧困生活の中でかなりの焦燥感として現れます。

が、どうにもならない時は夫は動いてくれます。

Live from the console

Live from the console.com

今までもそうでした。
昨年の11月末、夫が首を骨折して入院した際に、私には夫の存在が必要なのだと身に染みて実感しました。
それは無職、無収入、経済的な事等は関係無く、ただそこに居てくれるだけで良いと、言葉では表せない様な気持ちでした。

夫とは出会ってもう10年以上。
これだけどうしようもない自分自身をお互いにさらけ出して居られる存在は初めてです。
一緒に居て無理せず自然体で居られます。

それが貧困生活や借金、色々な事を抜け出して、これからも色々あるだろう時に何よりも一番だと私は思います。

生活していく上で、無職、無収入の経済的な不安や不満も確かに時にはありますが、これからも2人きり。
夫と一緒に、綺麗に老いていけるように過ごして行きたいと思っています。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-新型貧困生活
-, ,

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.