貧困に慣れた次は心の負も受け入れようと思います


投稿日:

今日は夫が休日で、私がパート。

夫婦の危機というわけでもないのですけど、夫の恒例の休日の自転車仲間とのツーリングを休んで、私のパート出勤前に気分転換に散歩でも行こうと少し早起きしたのですが、やはり雨。

予定中止で、何もなかったかのように、いつもと変わらぬ日常が流れています。

貧乏でも借金苦でも、いつもと変わらぬ日常が幸せなんだと、あらためて思います。

貧困に慣れた次は負にも慣れようと思います。

スポンサーリンク

貧困生活に耐える力もある程度つき、借金返済もままならいですけど、それでも慣れのようなものがあります。

でも私は心のマイナス、貧困女子の頃からの負の部分への対峙の仕方に慣れてないのだと思います。
だから一昨日のように、夫に泣いて責めたりしたのかなと思います。

弱い気持ちで、やっぱりどこかで封印して逃げたいのかもしれません。

でも現実の心の負も受け入れようと思います。

今日のパート番では、母親は現れませんでした。

ああ

負の部分にこだわりすぎて、心と頭のコンソール(回路)まで貧しくならないようにしなくてはと思いました。

重苦しい記事が続いてしまいながらも、たくさんのメッセージをいただきありがとうございました。
またご気分を害された方もいらして、申し訳ありませんでした。

何とかここまで新型貧困に慣れる?脱出の意欲、借金完済への前向きな気持ちを持つまでに来れました。

今度は自分自身の心の負に対して私は弱いので、強くなれないまでも現実は現実、シッカリを受け入れていこうと思う次第です。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-貧困女子心の100円生活
-

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.