100円ショップから地震時の震災救援・支援物資と日頃の備え


更新日:

九州地方で起こった熊本地震が、連日報道されています。
被害に遭われた皆様には、遅ればせながら心よりお見舞い申し上げます。

まだまだ余震が続いていて予断が許されない状況ですが、事態が早く終息する事を願うのみです。

100円ショップからの救援・支援物資。

スポンサーリンク

私のパートアルバイト先の100円ショップでも、お店としてではなく有志として救援・支援物資を送りはじめました。

手当たり次第に送って過剰在庫にならないように、店長がどこに何を送ればよいのか、何が必要かを調べるのにツイッターで調べてくれました。

ガソリンとブルーシート以外はあります。
パートさん達で一通り段ボールに積めた最初の救援物資は、もう一度バラにして商品ごとに梱包し直しました。

最後に、皆さんのお気持ちで現金を封筒に入れて、私も僅かばかり本当に少し送りました。
どうか心を強く持って、避難生活を乗り越えて行ける様にと思っております。

私も東日本大震災の時は、大きな揺れを体験し、とても怖い思いをしました。

今でも鮮明に覚えています。
それでも幸いにも被害は無く、その後の計画停電等も体験せずに済んだのですが。

私が今まで天災に遭遇しなかったのは、ただ単に運が良かっただけなのだと思います。
日本中何処に居ても、天災ばかりは避けられるものでは無いですから。

そんなことを思いながら、梱包した救援物資の最初の1便を宅配業者さんに出しました。
続く、支援物資もSNSの情報をたよりに送っています。

やはり日頃からの備えが大切なのかと思わされます。

私は借金返済を抱えながらの新型貧困主婦ですが、とりあえず命はあります。
苦しい生活ながらも、家もあり家族も居ます。

比べるのも失礼かも知れませんが、今の借金生活の先が見えない、とは言っても、被災者の方々の突然大切な家族や家を失った絶望や失望感に比べれば、私の苦しみ等は足元にも及ばないと思います。

被災者避難生活の先の見えない不安
これからどうしようと思う、その苦しみは大変辛いものだと思います。

去年の春頃、私も先の不安ばかり考えていました。

未来が見えない。大変な不安です。
被災者の方々は、それに加えて避難生活によるストレス。
大変なご苦労だと思います。

赤字家計の新型貧困主婦故に、パート先を通じてしか何も出来ない自分が、歯痒くなります。
借金返済には終わりが見えて来ますが、天災となるとどうにもなりません。

今、貯蓄という備えのない我が家が、もし天災に遭ったら、等と想像だけで恐ろしくてたまりません。

日頃の備えには、お金も必要だと悲しいながら思ってしまいます。

もっとも借金返済でカツカツの赤字家計の我が家には、貯蓄をする余裕は無いのですけれど。
先立つものは、やはりお金なんだと改めて思わされる次第です。

天災は突然やって来ます。
そればかりは抗えないのです。

どうかどうか、被災者の方々が希望を見失わない様、一刻も早く元の生活に戻れます様にと願っております。
パート先の100円ショップを通じて支援物資を送ることしかできないですが、梱包しながら日頃の備えは大事だなと改めて思い知らされています。

100円ショップで日頃の備え。

熊本に続き、北海道でも大きな地震が起きました。

災害は本当にいつ起こるか予想が出来ません。
もし被災したら全てを失う、そう考えると、本当に恐ろしいです。

増してや我が家は借金返済を抱える新型貧困家庭。
全てを失う、なんて言う事になったら借金だけが残ってしまいます。

私が大きな地震に合わずにいるのは本当に奇跡的なのだなと思い、新型貧困家庭だからこそ日頃の備えはしっかりとしておかなければなと思う日々です。

売り上げも中々良く、例え100円でも備えあれば憂い無し、と言ったところでしょうか。

私のパート先の100円ショップでも、地震対策グッズは一通り揃っています。

小さな物ですと家具が転倒するのを防ぐ耐震マット、L型金具や天井との突っ張り棒等があり、よく売れています。
突っ張り棒は、我が家でも使っています。

それにブルーシートは、中でも一番の売り上げです。
いざと言う時の防寒や雨漏り等も防げます。

熊本の地震の際にも、瓦が落ちてしまった屋根をブルーシートで覆っていたお宅をテレビでよく見ました。

次いで懐中電灯やカセットボンベ、電池等も一式備えていれば安心ですよね。
食料品はお水、缶詰め、レトルト食品等も人気です。

日頃から自然災害に対しては気を引き締めて、備えておかねばならないとまた改めて思うと共に、これ以上災害が起きない様に願うばかりです。

そして私も、新型貧困に負けずに生きて行こうと思います。
命ある事を、大切にして。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-貧困女子心の100円生活
-,

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.