日記に書いた、借金苦と夫との離婚


更新日:

私は元々、文章を書く事が好きです。幼い頃から本を読むのも好きでした。

今もこうしてブログを書いているので、文章とは離れる事は出来ない程に、私にとって「書く」事は意味のある事なのだと思っています。

そんな私は、日記を書く事も日課としています。

持病が酷くなった時からは自分への負担を減らそうと自粛していましたが、今年になってからはまた日記を本格的に再開しています。

去年の今頃、何をしていたのかと、ふと日記を振り返ってみました。

スポンサーリンク

日記に書いた、借金苦と夫との離婚。

借金返済のやりくりに関しては、生活苦から日記に頻繁に書かれていたのですけど流し読みできる内容でした。

ですがある時期、私はある資格を取る為に猛勉強していました。

今の生活を少しでも向上させて、貧乏から抜け出そうと通信講座に申し込み、バイトと家事の合間を見付けては勉強、と言った生活を送っていました。

バイトの合間に通信講座

何故それ程までに資格を取ろうと思っていたかと言うと、少しでも将来性のあるしっかりとした職に就き、無職のままでいた夫と離婚して一人で暮らして行こうと思っていたからです。

ほんの数ヶ月前の日記です。

それ程までに借金返済、経済的にも、精神的にも追い詰められていたのです。

もちろん、夫はコンソールの鍵つきの引き出しにしまってあるこの日記を読めません。

毎月、待ったなしの借金返済に万年赤字の家計の状況で、精神的にも追い詰められているのは今も同じですが、その頃(これからもですが)夫は呑気に無職でしたし、父(養父)も要介護5の状態で入院していました。

結局その後、父(養父)の容態は悪化し、我が家の家計もどうにもならなくなり、私は体調を崩して資格どころではなくなってしまったのですが。

いま思えば、夫との離婚と言うのは考え過ぎだったなと思います。

去年、夫が怪我で入院した時にその存在の大切さを身に染みて実感しました。

借金返済に関しても、一人より二人のほうが心強いですし、お金の面だけではなく、人は一人では生きて行けないものと思っています。

少し頼りない所もある夫ですが、私に対する優しさは真摯でかけがえのないものです。

昨日も、再就職のことでヤキモキさせられましたが、去年の今頃を日記で振り返り比べてみると、まだマシ?になっていて、いま本当ギリギリの生活なのですけど、今が最底辺と思うことにしました。

また「離婚」の2文字が頭をよぎる時もあるかもしれませんが、これからも夫と共に貧乏な借金返済生活でも、共にやって行きたいと思い直すいい機会になりました。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-借金返済生活
-

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.