借金返済主婦の最大の贅沢品はコンビニ・レジ横商品です


更新日:

私は一人暮らしを始めた貧困女子時代から、コンビニで買い物をする事が滅多になくなりました。

何故ならコンビニは商品の売価は、値引き商品も無いですし、特価品もなく殆ど定価だからです。

最近はおにぎり100円セール等を実施するコンビニもありますが、借金返済を抱えた主婦にとってはコンビニの商品は贅沢品で、コンビニに行くことさえありませんでした。

ましてパート先の100円ショップで、お得にまかなえてしまいます。

ですので、最近のコンビニの商品ラインナップや、スタバ、マック、宅配ピザの商品には疎い面があります。

借金返済主婦の贅沢品はコンビニ・レジ横商品です。

スポンサーリンク

ですが先日、携帯代が引き落とされなくてコンビニで支払いに行きました。

もちろん、購買意欲をそそられないようにと、商品を見ることなくレジで支払いだけを済ませました。

借金返済主婦とレジ支払い
すると、レジ横にあるドーナツに気づきました。
まさにレジ横商品こそ、借金主婦にとり最大の贅沢品です。

「あ、ドーナツまで売り始めたのかぁ」と、眺めていますと、なんと値段が100円(90円)ではありませんか。

しかも見た目がミスドのドーナツのようなオールドファッションも並んでいました。

久しぶりのコンビニで、ドーナツを売っているという斬新さに感心?するのと同時に、ものすごい誘惑でした。

負けました・・・最近の傾向に疎いので「これは、お買い得なのかな?」と迷いつつ、携帯代の支払いのお釣りでオールドファッションを2つ、数年ぶりにコンビニで商品を買いました。

私の底値感覚は100円。

借金返済主婦の金銭感覚

借金返済があるから少しでも節約というよりは、パート先の100円ショップの影響が大きいのですけど、私の金銭の底値感覚は100円なので、スーパーに行っても100円より損か得かが基準になります。

まあ、スーパーでの買い物も特価品や値引き商品が殆どなのですが。

パート先も一応コンビニエンスストアですが、100円均一ですので、スーパーで品定めする時と100円の感覚が違います。

まして今回のドーナツは、私のパート先にはない商品でしかも100円(90円)。

コスパにも満足できる買い物で、大手のコンビニさんは違うな、と別の意味で2度負けました。

久しぶりに夜食の甘いもの。

いつもは、長持ちする「スルメ」を夫婦でクチャクチャと甘味が出るまで噛んでいるのですが、今回はドーナツ。
我が家では立派なスイーツです。

その夜、夫とコンビニドーナツを食べたのですけど、ミスドの味はとっくに忘れてしまい比べることができませんでしたが、中々美味しかったのでやみつきになりそうです。

まるで誰かのお誕生日並みに紅茶を入れて、久しぶりの(コンビニ)スイーツ夜食を楽しみました。

借金返済中の意識として・・・

たかが100円の商品1円の違いですし、それを貯金できるのならともかく、家計に及ぼす影響は一ヶ月数千円の違いにしかならないのですけど、貧困女子時代の感覚でコンビニでの買い物は贅沢という気持ちがあります。

特価品を求めて、わざわざ遠くのスーパーへ買い物に行く労力を考えると、そこまで杓子定規に節約してもと思いますが、貧困女子時代からの無意識な行動パターンでもあります。

貧困主婦になり借金返済を抱える今も、その意識は同じです。

また時々、コンビニドーナツをリピートしようと思っていますが、いかんせん豊富な商品ラインナップの大手コンビニさんですので、誘惑に負けないようにしたいとは思います。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-借金返済生活
-,

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.