借金返済脳が、2度の遺産相続を使い果たす


更新日:

債務整理をして、生活を立て直そうとした頃、私の母親の兄、私から見ると伯父ですが、その伯父が自転車事故に遭い大きな後遺症の残る状態となってしまいました。

その伯父は、母親の実家に一緒に住んでおり、祖母と共に私をとても可愛がって育ててくれました。
私も伯父の事が実の父親よりも大好きでした。

結婚もせず、私の面倒をみてくれた伯父と、私は養子縁組をし、戸籍上では娘となっていました。

スポンサーリンク

2度目の遺産相続。

その養父(伯父)が、事故により最終的には要介護5の状態になり、昨年の夏に65歳の若さで他界してしまいました。

医師にもう何も自己管理が出来ないと告げられた時、私は預かっていた養父(伯父)の金庫の鍵を開け、老後の為に貯えていたであろうお金を見付けてしまいました。

勿論、養父(伯父)の治療費や介護施設費にも充てましたが、あろう事か自分達の生活費にも遣い込んでしまいました。

1度目の遺産相続は実父より、今回は養父(伯父)の遺産金の都合2回も使い果たしてしまったのです。

お金のない貧乏暮らし、借金返済脳の悲しい性が、「目の前の現金に手を着けてしまったのです。」

私はアルバイトをしていましたが、夫は無職のままでした。

次第に、養父(伯父)の容態は悪化し、経済的にも最大の危機を迎えた時、私の病状もまた悪化の一途を辿りました。
遺産相続金を、無駄に使い込んだ酷い娘の当然の報い、天罰です。

遺産を使い果たした女性

そんな私の借金返済脳の悲しい性、健康状態を目の当たりにし、夫もやっと再就職への意志を決意してパートながらも働き始めました。

養父(伯父)の死は心身共にかなり堪えましたが、哀しみは時が癒やしてくれ、今現在は大分病状も回復し、波はありますが何とか前向きに考えられる様になって来ています。

目下の目標は、養父(伯父)が遺してくれた生前住んでいた家、つまり私の育った実家に引っ越す事です。
夫も賛成してくれ、何よりも養父(伯父)や祖母との想い出が詰まった家で暮らせるのは嬉しい事です。

私にできるせめてもの罪滅ぼしは、養父(伯父)との思い出を胸に大切に過ごすことと思い、しっかり感謝の気持ちをこめて供養していきたいと思います。

まだまだ、引越し先の片付けに時間がかかりそうですが、ローンが完済しているその家に移れば、家賃分の出費がなくなり、当面は貧乏ながらも借金返済に今の家賃が回せることになり、赤字家計にはかなりのプラスです。

亡くなった養父(伯父)に胸を張って顔向けできるように、私の借金返済脳が遺産金を使い果たしてしまったことを、一生涯かけて償っていかなくてはなりません。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-借金返済生活
-

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.