借金返済も病気も、何も抱えていない私がもう1人いればな


更新日:

最近は、とても忙しい日々を過ごしています。
1日が24時間では足りない、そんな感じです。
元々今月はハードなバイトのシフトでした。

何も抱えていない私がもう1人いればな。

スポンサーリンク

夫が仕事を辞め、無職の期間に入ってしまったので、私が頑張らなければと言うプレッシャーもあります。
次は、どの様な思わぬ出費があるか分かりません。

借金返済も当然待ったなしですし、新型貧困家計に猶予は無いのです。
私の持病は元々、無理は禁物なのですが、既にいっぱいいっぱいと言った感じです。
疲労は、心身共に悪影響を及ぼします。

来月はもう少し余裕のあるシフトにしてもらおうかとも思いますが、夫の再就職が上手く行くかも分かりませんので、新型貧困主婦には時間の猶予や余裕を持つ事は不可能なのかなと、悲しくなったりもします。

何も抱えていない私がもう1人いればな
全て身から出たサビなのですが、借金返済も病気も、何も抱えていない私がもう1人居ればなとか、1日が48時間あればな等、ドラえもんでも居ないと叶えられない様な事を考えてしまう時もあります。

加えて、突然の愛猫のガン宣告による治療と看病。

それに、引っ越しに向けての父(養父)の家の片付け、日々の家事等。

もっと忙しい日々を過ごされている方もおられると思いますが、元々持病を抱えている私には日々を過ごすのが精一杯、と言った感じです。

愛猫は抗ガン剤治療を受け、幸いにも効果があり元気ですが、副作用が表れる場合もありますので、まだまだ予断は許されない状態です。
抗ガン剤治療は今後も続くので、高額の治療費の出費は否めません。

時間に追われるジレンマで、新型貧困に猶予はありません。

赤字家計を抱える身としては、早く父(養父)の家へ引っ越して、現在の家賃の出費を減らしたいのが山々ですが、それもまだ引越し先の片付けが必要です。

看病と引越しの準備に充てる時間を選べば、働く時間が少なくなり、当然収入が減ります。
かと言って働く時間を優先すると、今度は看病や片付けが出来ないというジレンマです。

それでも、心まで新型貧困に陥ってしまわない様、少しの楽しみと余裕を持って、忙しい時間を乗り越えて行ける様に頑張りたいと思っています。

借金返済も病気も何も抱えていない私がもう1人いて、手伝ってくれればなと思うばかりです。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-借金返済生活
-,

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.