親友の突然のガン発覚、借金主婦が思う事


更新日:

私には一つ年下の親友が居ます。

もう10年以上前になりますが、私が持病で入院した際に同じ病棟で知り合いました。

ブログにも度々登場している、旦那様がプログラマーの専業主婦です。

借金返済を抱える新型貧困主婦の私にとっては羨ましい限りの環境で過ごしている彼女ですが、最近婦人科の検査で子宮けいガンである事が判明しました。

親友の突然のガン発覚。

スポンサーリンク

子宮けいガンとは、子宮の入り口に出来るガンの事で、30代~40代の女性に発症する可能性が高いガンです。

ガンと言っても彼女の場合は初期の初期の状態だそうで、簡単な手術でガン細胞を取り、病理検査で異常が無ければ完治、と言う感じの病状だそうです。

そうは言ってもガンはガン、一報を彼女からの電話で聞いた時は彼女は泣いていて、私もショックを隠せないでいました。

借金主婦のショック

借金主婦が思う事。

早期発見の初期だと言われても、人間悪い方へと考えてしまいがちです。

もし転移等したら、手術が失敗したらと、不安の種は沢山浮かびます。

私も子宮けいガンの検査を、苦しい赤字家計の中から何とか費用を捻出して年に1回受けている次第で、とても他人事とは思えません。

私に出来る事は励まし勇気づける事位しかありません。

言葉をかけるのみ、はがゆい気持ちになりました。

皮算用。

私もいつ異常が発見されたら・・・等と考えたら恐ろしくてたまりません。

彼女の様に入院手術となりもしたら、どうしても頭をよぎるのは費用の皮算用です。

多額の費用に家計が耐えられなません。

だからといって治療しないわけにもいきません。

彼女の話ですと3~4日の入院で済むそうですが、それでも多額の費用がかかる事は予想出来ます。

我が家程の赤字家計ではないとは思いますが、親友の旦那様は有名会社のプログラマーではありますが、最近は自宅マンションのローン等で生活にあまり余裕は無いと聞いています。

とにもかくにも、突然の病気発覚には新型貧困家計では耐えられない事です。

どこにも頼れない我が家。

増して我が家は、金融機関どころか母親の過去の借金問題で金銭面では親戚にも頼れない状態ですし、保険も必要最小限のものしか加入していません。

やはり日々の体調管理と例え費用がかかっても、検査と言うものは大事な事だと改めて実感しました。

今は数日後に控えた彼女の手術の成功を心から祈るのみです。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-借金返済生活
-,

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.