分割返済35回目の過ぎ去りし気持ち


更新日:

今日土曜日ですけど、毎月5日が借金を任意整理した分割金の返済の振込み日でした。

今月はバタバタとしてお給料からすぐに振り込めず、連休もあったことで昨日例によって他店のコンビニATMから振り込みました。

消費者金融のレイク、柱の傷は一昨年の~ではないですが・・・

35回目の任意整理分割金の返済です。

スポンサーリンク

私は200万円弱の借金総額を減額式の60回払いで整理していますので、残り25回となりました。

分割金は何かのローンと違い、60回のうち1度でも遅れるわけにはいかない約束(過怠約款)を守れています。

この返済が家計簿から消えれば、家計収入(共働き)25万円でも少しは貯蓄に回せて気持ちも楽になるのですが。

それでも、過ぎ去りし灼熱の(借金)地獄です。

ちょうど季節も秋から冬にかけて寒くなってきて、近所の海岸も砂浜が反射しなくなり、本格的な冬景色と変わってきてます。

灼熱の季節が過ぎ去るように、これまで35回の借金返済をしてきたように思います。

灼熱の借金地獄

双六(すごろく)ではないので、この返済回数と新型貧困脱出のゴールが同じわけではないですが、真ん中より半分を越えていることは借金地獄だった頃の記憶を遠ざけてもくれるというのが正直なところです。

特に今年は、家賃負担のない実家に転居(出戻り)し、夫婦で健康で働けてもいますので、一歩一歩ですが生活の立て直しが進んでいるように思えます。

お金のない辛さを知り、それに慣れつつもある35回でした。

お金のない辛さ、苦しみも怖いほど味わい、夫婦共に働けない無収入の時は絶望感さえありました。

貧乏に対しては「もうたくさん」と、今でも強い拒絶感があります。

ですが、同時に良い意味で慣れてもきたように思わされる、過ぎ去りし任意整理分割払いの35回だったような気がしています。

灼熱の借金地獄と35回目の分割返済の気持ち
きっとうちは、ずっと貧乏なんだと思います。

あまり深く原因や理由は考えないですけど、そんな気もさせられてます。

気持ちの移り変わり。

貧乏を楽しむ余裕はまだ持てませんが、今までは気持ちの上で借金返済に苦労してきた生活でそれが重荷や負担でした。

それでも分割金の返済が半分以上を過ぎて、私の気持ち的なものが借金地獄の記憶から、今の貧乏暮らしの向上に気持ちが移りつつあるこの頃です。

身の丈以上の借金を抱えて遠回りしていますが、この先も貧乏だと思えばあれ以上の絶望感はないと思い、心だけでも豊かにいたいという、借金を任意整理して分割払い中の主婦の少し楽になった気持ちの35回目でした。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-借金返済生活
-

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.