危うく明日は我が身、コンビニパート職場いじめ三原則


更新日:

昨日付けで同僚のパートさんが辞めました。

最近になり私も空気で気づいていたのですが、問題のある女性の方で職場で「いじめられ状態」にありました。

コンビニパート職場いじめ三原則

スポンサーリンク

コンビニのパートの場合は研修中に解雇することはできるのですが、研修が過ぎると解雇が難しくなるようです。

私の勤める大手コンビニは集客数も多く、スタッフ数も多い方ですので、尚更のことコンプライアンスや雇用関係はシッカリしていますので「職場いじめ」は厳禁です。

ですが、どこの職場にもいらっしゃるように、少し空気の読めない(人間関係を気にしない)横柄な従業員はいるものです。

コンビニパート職場いじめ三原則

昨日お辞めになられたパートさんも挙げればキリがないほどで、私でさえ「よくこれで社会人としての付き合いができるな」と思わされる事もしばしばでした。

ですので、少しでも職場環境を居心地よくするために、職場が解雇できないことを分かっている同僚は、無言のいじめをして追いやるようです。

三原則は、助けない、教えない、関わらないです。

よくできた三原則だなと思います(書籍から引用されているようです)

コンビニで働く場合は一人前に一人で全部の仕事をこなすようになるのに、あまりにも覚える業務、商品が多いため相当時間がかかります。

その上、ひとりでできる業務というのも案外と少なく、サポートしつつサポートされながら業務を行っています。

ですから、誰にも業務を助けてもらえず、教えてももらえず、関わってさえもらえずとなりますと、シフト時間内が精神的にキツイ時間だけになります(昨日お辞めになられた方は、それさえ動じなかったようですが)

その方に暗黙うちに行われていた、いじめ三原則(1)助けない。

私たちが同僚に一番助けて欲しい時は、お客さまを接客している中で「分からないこと」を聞かれた時です。

マニュアルでは自分の判断で曖昧な返答をしないとあるように、クレームの火種にもなりますので分からないことは、分かるパートさんの助け(ヘルプ)が入ります。

昨日お辞めになられたパートさんには、このヘルプを誰もしようとせず、助けないのです。

入社間もない私は不思議に思いながら、ひたすらお客さまの前で困っている、その方の姿をよく目にしてました。

いじめ三原則(2)教えない。

研修中から先輩パートさんに教わりながら、少しずつ業務が増えていきます。

私も今もまだ教わることがたくさんあります。

そんな中、前述(1)のお客さまを接客している中で「分からないこと」を聞かれた時も、分かる先輩パートさんがヘルプで助けて教えてくれるわけですが、お辞めになられたパートさんの場合は、誰も助けようとしない、助けないでいるわけです。

すると今度は「先輩、教えてください」となるのが普通です。

ですけど、教えないのです。

いじめ三原則(3)関わらない。

そんな感じで親切にされなくなって、人間関係がギクシャクしていくと極め付けが、関わらないです。

どういことかと言いますと、その方がしている業務にタッチしないといえばよいでしょうか。

とにかく、やること全て(休憩等)に、まるで干渉しなくなります。

視界から存在を消すというほうが相応しいかもしれません。

同じシフトで勤務しているのにも関わらず頭数に含まれなくなります。

危うく明日は我が身でした。

パート職場いじめ

私はまだパート入社したばかりで、最初その暗黙の空気を読めずに、私なりにですが「助け、教え、関っていました」

いつの日か、この暗黙の三原則「助けない、教えない、関わらない」を先輩パートさんに教わりましたが、危うく明日は我が身でした。

コンビニパートはやはり女性同士のチームプレイですので、女性の職場特有の空気があるものだと、郷に入れば郷に従う気分で徐々に現場慣れし始めてきている毎日です。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-貧困女子心の100円生活
-, ,

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.