貧乏台所、楽観思考でやっぱり無駄な電池代


更新日:

私の地域は秋の長雨も終わりを告げそうで、台風シーズンもやっと過ぎ去りそうなこの頃です。

汗ばむ事はあっても朝晩は大分冷える様になって来ました。

何より扇風機やエアコンも使わないで済む秋の気候は、電気代の面で借金返済を抱える新型貧困家庭には優しい季節です。

そんな折、やっぱり無駄な出費をしてしまいました。

貧乏台所に、やっぱり無駄な電池代でした。

スポンサーリンク

それは涼しくなるにつれ困った事が一つありまして、我が家の台所のレトロな瞬間湯沸かし器が壊れていて使えない事です。

貧乏台所

築40年を超える我が家。

貧乏生活全開で給湯器等は無く、台所の瞬間湯沸かし器がガスボンベと繋がる(お風呂以外)唯一の温水源です。

お陰でお湯は、どの蛇口からも出て来ません。

これからの季節、真水だけでは冷たいのはともかく、食器の油汚れも落ちませんし。

その為には瞬間湯沸かし器を買い換えたいのですが、工賃含め3万円位はかかりそうです。

先日の引越し業者からのお詫びの3万円は思わぬ臨時収入ですが、失くした物(思い出)の大きいことに気づかされ、失くなった物と同じもの衣類を買いたいと思っています。

究極には、「着る服か、お湯か」の選択となります。

そこで、安く済ませようと貧乏全開な楽観思考でした。

貧乏生活を、少しでもまともにしようと思いつつお金をかける余裕もなく、電池代さえ惜しんでいるのですが、今回は電池交換に賭ける価値はあると電池購入に踏み切りました。

試しに「電池が古いのではないか?」と、楽観してしまう貧乏慣れ全開の思考でした。

結局、瞬間湯沸かし器は直らず、単三電池の使いようがない我が家、僅かなお金(電池代)ですが捨てたも同然でした。

実は洗面台も無い我が家です。

ですので、台所で洗顔をしているせいか、生活の中心が台所になりつつあります。

台所で洗顔する貧乏主婦

真水で真冬に洗顔をするのはお肌に良いですが、夫にお肌のハリツヤは関係なく、やはり冷たい水の洗顔は貧乏っぽさ全開のようで気が引けます。

電池代ですら惜しむ貧乏主婦ですので、瞬間湯沸かし器の修理代捻出に頭を抱えています。

どうやって捻出するかが、目下の我が家の問題となっています。

自前で交換?

自動車整備士の夫が「簡単に付け替えできそうだぞ」と、言いますが、物がガスだけに事故が起きてからでは遅い(ますます貧乏になります)ので専門の方にお願いしたい気持ちです。

そう思いながらも贅沢を言っていられない経済状況です。

このまま貧乏全開の台所で、温水なしで我慢を貫くか、せめてもの利便性を優先させるか。

この秋も決して楽観できない色々な出費は続きそうです。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-借金返済生活
-

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.