酷い仕打ちをされて気づく同じ私の態度


更新日:

夫の事件で被害弁済として示談金を用意しなくてはならず、まとまった額ですので、新たな借り入れを申し込んでいました。

今日のパート中に、その金融会社から連絡がありました。

「3万円なら融資できるが、20万円なら不動産を担保にしなければ無理です」とのことでした。

3万円しか借りれないということより、不動産担保で20万円の融資って・・・一度、お金で失敗して借金を債務整理している私ですので致し方ないのかもしれないですけど、「酷い仕打ちだな」と思い断りました。

やはり不動産担保ローン専門の業者さんを頼るしかなさそうです。

酷い仕打ちをされて気づく私の態度。

スポンサーリンク

債務整理をしている私は、大体の借り入れ金額の目安というものが肌感覚であります。

そうでなくとも不動産を担保にして、すずめの涙ほどの20万円を借りる人は少ないと思うのですが、私が酷い仕打ちと思ったのは「3万円の融資」のほうです。

きっとこちらの金融会社は「3万円も貸したくないけど、不動産担保ならすずめの涙ぐらいは貸します」ということなのだろうと思いました。

人の弱みにつけこんで足元を見られているようでした。

弱みにつけこんで足元を見られている

借金を債務整理して、一定期間は金融機関からお金を借りれない私はですので、致し方ないことは百も承知のことですが、足元を見られているような嫌悪感がありました。

一度のお金の失敗が許されないことは、本当に致し方ない現実ですが、「人の弱みにつけこんで」という怒り?憤慨する反抗心も湧き上がりました。

しかし、色々と考えさせられ気づかされました。

私は、事件をおこし逮捕勾留されている夫に対して、起きてしまったことは仕方ないとはいえ、端的に言えば「反省の色が少ない」と不満に思っています。

最近では、手紙でストレートにその不満を書いて改善して欲しいと思っています。

昨日のブログで少し書いた「私の思い通りで居てもらわないと困る」というのが本意です。

ですが悲しいことに・・・

私のその本意は、金融会社が私にした態度(仕打ち)と同じく、夫に対して同じ態度だと思いました。

もちろん金融会社とのやり取りと事件を同列にできませんが・・・私は夫の一度の過ち、失敗を許さないでいるんだと思いました。

酷い仕打ちをされて気づく同じ私の態度
事件をおこして滅茶苦茶にされたことを、夫の弱みとしている自分に気づきました。

おそらく夫が逮捕されて以来、色々な不安や心配で今なお離婚という選択肢が頭をよぎりながら、不満が募っていくその行き先は「夫の弱み」に文句を言っているだけなのかもしれないと思いました(気づきました)

金融会社と同じ態度でいる私でした。

「20万円を借りるために不動産を担保にするだろう」という私の債務整理中の弱みにつけこんできて、まるで言いなりになるだろうという金融会社の態度と同じと思ったのです。

気がつかないうちに、私は自分がされて不快に感じたことを夫に同じ態度で強いているように思え、だとしますと、苦しめられている私も夫を苦しめ、お互いが傷つけあっている最中なのかもしれないと思いました。

同時に事件をおこした夫婦の関係とは、こういうことなのかもしれないと感じました。

これまでも貧困生活の中で、色々な辛酸を舐めながら気づいたことはありますが、まだなお気づくことがあるものだと思った次第です。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-夫が逮捕
-

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.