謝罪費用の上限に予算をつけてるわけではないですが


更新日:

一昨日、叔母から30万円お借りして、後は弁護士が夫の事件の被害者の方との示談交渉を待つだけになりました。

最終的な支払い金額が確定すれば弁護士事務所にその金額を振り込むことになります。

謝罪費用の上限に30万円の予算をつけてるわけではないですが。

スポンサーリンク

借金して作った30万円ですので、夫が社会復帰後に(離婚したとしても)返済するとは言っているものの、今回の件で「先のことなど何が起こっても不思議じゃない」と痛感しておりますので、この金額が今の私が分割返済していける限度額のような気がしています。

それでも万年赤字の貧困家計には厳しいですが。

謝罪、示談金にも裁判相場があるそうです。

弁護士の先生と相談、説明では、私の困窮する家庭事情から、「謝罪費用(以下示談金)は払わなくても夫の量刑に影響ないと思われるので、そのお金は新たな生活のスタートの資金にしたほうが良い」というアドバイスをいただいてもおります。

逆に、示談金を払えないほど妻は生活に困窮しているので、生活を立て直すために一刻も早く夫を社会復帰(執行猶予)させるという形で裁判官に情状を訴えかける方法もあると伺いました。

刑事事件の弁護士は、被害者の方には申し訳と思うほど、どこまでもこちらに有利になるように弁護してくださるものと、今回実感しています。

今回支払わせてもらう示談金も、つまり相手が納得する金額ではなく、「これだけ払えば良いだろうと裁判官が思う金額」なのです。

そこにも相場というものがあるらしく、今回のケースでは20万円も払えば判例的に十分とのことでした。

ただ、夫が事件を否認(一部)しているため複雑になります。

事件を一部否認している夫「俺は知らないでやった」という人が、示談金という謝罪をすることは、その主張通りならば弁済する義務さえないのです。

最初の借金計画の連帯保証人の件でトラブルとなった共犯(元上司)の奥さまは、ご主人が元より執行猶予が付かない、取り消される判決が下されるということで一銭も払わないと聞いています。

ですので、今回は裁判相場(判例)では20万円で十分なところを、更に10万円を払うことで「否認はしているけど迷惑かけた事実に対して慰謝料を払う」という複雑な色合いになっています。

被害弁済、慰謝料、示談金と、それぞれが謝罪費用として合算されて示談和解となる仕組みだそうです。

ですので謝罪費用の予算という感覚になっています。

その上、これだけの金額を払って本人も反省しているわけだから、「宥恕してくれるように裁判官に一筆書いてください」と、妻である私の謝罪文も提出し、被害者の方に引き換え条件を提示するのです。

例えば、被害者の方が5万円で、その宥恕(ゆうじょ)付きで示談してくだされば、支払う金額は5万円で済みます。

ですが5万円ということはあり得ませんので、最初10万円で弁護士が交渉し、宥恕してくださらなければ更に5万円、それでもだめなら更に5万円追加と、被害者の方の顔色を伺いながら弁護士が交渉してくださいます。

その上限が30万円です。

それ以上の金額を求められて交渉が決裂した場合(被害者の方が許さないとなった場合)は、交渉決裂した旨を裁判官に申し入れるそうです。

夫の事件の場合は「30万円もの示談金を提示しており、現在なお交渉中で近々成立の見込み」とする方針だそうです。

問題は、弁護士からそう聞いた裁判官の心理心情だそうで、「30万円もの示談金提示」が裁判相場に適っていれば、それで良しなのだそうです。

私としても、なるべく安く収まって欲しいと思いますが。

謝罪しその謝罪を「形式どおりだとしても」受け入れてもらいたいという気持をよそに、その予算のような示談金の算出に気を揉む部分も人情としてあります。

いかんせん、生活苦の上に借金をして工面したお金でありますので。

ですがそれで、妻としての(責任)できることはしたという気持ちが、ひとつの区切りになるような気がしますので、最初から30万円全部お支払いしてくださいという気持ちもあります。

正直なところ、こんなところでいつもの「何でも安いほうが良い」という、貧乏性な値切り根性を出してどうすると言った複雑な心境です。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-夫が逮捕
-

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.