108円が染み付いた貧乏パート主婦の2つの困りごと


更新日:

100円ショップからコンビニに転職し、新しいパート先にも徐々に慣れて来たかなと思う今日この頃。

まだ人間関係については慣れたとは言い難いですが、人の噂も何とやら・・・で、どうにか上手くやって行ければと思う次第です。

比較的綺麗な店舗、温厚な店長と穏やかな空気を作り出すスタッフ、何よりママチャリで5分の職場は働きやすさがあります。

そんな職場ですが、貧乏主婦の私には前職100円ショップの習慣が染み付いていて困ったことがあります。

108円が染み付いた貧乏パート主婦の2つの困りごと。

スポンサーリンク

私の勤務時間は、主に9時から17時までです。

その間、休憩時間が30分で、もちろん時給から引かれます。

引かれることは構わないのですが、休憩時間が原因で困っていることがあります。

108円が染み付いた貧乏パート主婦の2つの困りごと

貧乏パート主婦の困りごと(1)休憩時間が30分。

以前の100円ショップでは、8時から17時までの勤務で休憩時間は1時間でした。

休憩時間に昼食を済ますのですが、当初私は、この休憩時間は自転車で5分、往復10分のパート先ですので自宅に戻ろうと考えていました。

借金返済も抱えての赤字家計ですので、私の昼食なんか残り物で十分です。

ですので自宅に戻り、気楽にしようと思っていたのですが、さすがに休憩時間30分ではいくら近いとはいえ無理がありました。

忙しいお店ですが、例え時給がもう30分引かれても構わないので、休憩時間は1時間ほしいところで困りごとの一つ目です。

貧乏パート主婦の困りごと(2)昼食にかかるお金。

休憩時間が30分ということで困るわけですが、問題は時間ではなく昼食にかかるお金です。

自宅に戻れずになりますと、昼食はコンビニでとることになります。

以前の100円ショップはその店名の通り、サラダもおにぎりも税込み108円でした。

なので、昼食を店で買っても300円弱でした。

しかし現在は普通のコンビニ。

おにぎりもサラダもパンも108円では買えません。

昼食を店で買えば時給の半分は消えてしまうという、販売商品の単価の違いで自分の昼食代に困っています。

解決手段。

どの道、消えてしまう時給の半分(30分)でしたら、やはり休憩時間を30分増やせないものかと思う次第です。

だからと言って食べない訳にもいかないので、塩むすびと飲み物持参です。
お弁当塩むすび

店舗スタッフの中で、私だけがお弁当持参というのが何とも惨めですが、世の節約を心がける主婦の方々にとっては当たり前ですし、増して借金返済を抱える貧乏主婦が「これ位の事で泣き言を言ってどうする」と思って、休憩時間が短いこと、昼食にかかるお金の困りごとを解決させています。

ですが、店で美味しそうな商品を、好きに買って昼食にしている先輩パートさんが時々羨ましくなってしまいます。

どれもこれもが美味しそうに見え(すぎ)ます。

身についた貧乏性。

たまには自分にご褒美と思ってパートの帰りがけにお菓子の一つも買おうかとも思いますが、貧困女子の頃から身についた貧乏性のせいか、前職で染み付いた108円以上の定価のお菓子は受け入れられずに店を後にします。

今は月末でお財布の中に数千円しかなく(全財産)まったく手が出ませんが、それにしてもまだ一度も自分の勤めるパート先で食品どころか物をを買っていません。

むしろ貧乏性な先読みまでしており、これからお歳暮やクリスマスシーズンになり、店の売り上げノルマの貢献にと、無理矢理ギフトやケーキを買わされる事になったら困るなと、早くも頭を悩ませる貧乏パート主婦の私であります。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-貧困女子心の100円生活
-, , ,

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.