「秋バテ・秋うつ」の始まりの合図と私の貧乏性ストレス


更新日:

例年のように秋バテ・秋うつを感じる季節になり、今年もメンタルがズタボロのピーク時期に入りました。

特に夏場に引越しを伴うパートの転職もありましたので、見えない貧乏ストレスも引きずったまま体力切れといった感じです。

私の貧乏性ストレスと秋バテ、秋うつの始まりの合図。

スポンサーリンク

症状の始まりは気温の寒暖差で「だるさ」に見舞われるわけですが、私の場合はその合図となる時期的なものがあります。

それは夏場に使った殺虫剤(我が家はアースジェット)が空になる頃です。

それが私の、秋バテ、秋うつの始まりの合図です。

殺虫剤を使いきった感に、夏の燃え尽き感が重なるのです。

秋バテ
秋バテと予防対策
秋うつの特徴

我が家は夏場でも極力クーラーを使わないため、窓を開けているとどうしても蚊が侵入してきますので、貧乏家庭に殺虫剤は欠かせません。

その夏場に頑張ってくれた殺虫剤の残量が少なくなり、振って撒くようになると「あぁ夏も終わりか」と思い始め、現在に至るといった感じ(症状)です。

殺虫剤は、今はもう振ろうが、押しながら振りまこうが一滴も出なくなりました。

加えて貧乏性ストレスを感じます。

秋バテ・秋うつ共にストレス要注意なのですが、今年は築40年の実家(という存在)に出戻り転居したので、いかんせん殺虫剤を撒く場所が多く・・・

通常例年ですと、ひと夏に1本の我が家でしたが、今年はどうやら足りない気がしないでもないのです。

どうせ来年の夏にも使えるものですので、買えばいいものをそこは赤字家計の貧乏性の主婦です。

支出(消費)はなるべく先送りの心理が強く働きます。

空になった殺虫剤を見つめながら・・・

秋バテと秋うつ
秋バテと秋うつを全身に受け止め「だるさ」を感じると同時に、たかが殺虫剤1本の購入を躊躇している貧困女子の頃からの「貧乏性」な性分が、小さなストレスにもなってチクチクと突っついてきます。

年間を通してまるで心身の自然調整のようです。

これからの忙しい師走に(パートも)向けての充電時期といった感じでしょうか。

幸いパート休日の本日です。

何とか、秋バテと秋うつの「だるさ」を感じながらも辛い家事をこなしました。

夕食はそんな私を気遣ってくれ、夫がコスパ(材料費)1000円の鍋料理を作ってくれるそうで、有難くも楽しみにしています。

もっとも最近の私の貧乏レシピに飽きて、自分で好きなものを食べたいという気持ちもあるのでしょうけど。

そんな秋バテでも食欲の秋ですので、温かいお鍋をいただいて(タラチリ風湯豆腐かな)ゆったりと秋の夜長を過ごしたいと思います。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-貧困女子心の100円生活
-, ,

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.