時間差で届いた夫からの離婚の手紙


更新日:

先週の金曜日に、吹っ切れた気持ちで拘置所へ行き夫と面会をしてきました。

情状証人(妻が夫の情状、お情けを裁判官に訴えること)の文面の打ち合わせと確認だったのですが、同時に夫の更正意欲のようなものも感じました。

そしてその文面には「今後は妻の私が監督します」と書いてもあります。

時間差で届いた夫からの手紙。

スポンサーリンク

面会の2~3日前に書いて出したと思われる手紙が、昨日ポストに投函されていました。

つくずくこの社会との時間差には戸惑わされます。

しかも離婚に対しても吹っ切れている今、いちばん重要なことがスレ違ってしまいました。

夫からの手紙の内容には、離婚のことが書かれていました。

時間差で届いた夫からの離婚の手紙

事件をおこして私(伯母)に迷惑をかけたことや、お金の苦労、被害弁済金の借金は自分が働いて返済する等が書かれた謝罪の手紙でした。

読み進めていきますと、夫のほうから離婚の提案として「こんな俺でも許してもらえるなら結婚生活を続けたい」旨が書かれていました。

これまで私は、夫に対して離婚の決意は固まっているものの、拘留拘置されている間は「離婚=見捨てる」と叔母からきつく言われてきましたので、夫には離婚という匂いさえ出さずに居ました。

これまで夫も、離婚など考えてもいない様子でしたので、最新の手紙に夫の口から夫婦関係について書かれていることに驚きました。

この手紙を読んでの面会と夫は思ったに違いありません。

先日の拘置所での面会室で、透明のアクリル板に貼り付けた情状証人の下書きを読む夫の表情が浮かびました。

この手紙を読む前と読んだあとでは、私の言葉の意味も変わってくると、咄嗟に思いました。

面会で、「出てきたら、ジックリ話し合いましょう」と、伝えた私の言葉は、離婚のことを話し合いましょうという意味ではなく、夫のこれからを相談しましょうという意味(思い)だったのですが。

時間差で届いた夫からの離婚の手紙
夫には、離婚について話し合うと思われたに違いありません。

私が離婚のことを考えていると悟られたかもしれません。

考えるも何も、夫の気持ちを知る前から離婚は決意しているのですが、先日の面会とこの手紙の内容が時間差になっているため・・・

先日の面会は、この手紙を読んだ私が面会で「離婚については、ジックリ話し合いましょう」と、夫に伝わったことと思います。

もしかしますと、借金返済の件もジックリ相談しましょうと受け止められたかもしれません。

私は、手紙の到着する物理的な時間差だけではなく、気持ちの面もスレ違っているなと思いました。

今回、私が離婚を決意し吹っ切れた一番重要な部分は・・・

そういう理屈ではない、糸のようなものが切れたという気持ちが占める割合が大きいのです。

時間差というよりも、スレ違う気持ち、思いやる気持ちというべきでしょうか。

よく芸能人夫婦が「価値観の違い」を理由に離婚会見されるのを見て、「価値観ごときで」と思っていた私ですが、そこには人知れぬ深い溝があることを知ったような気がします。

それに比べるに値しない、比べるのもおこがましい貧乏夫婦ですが、そんなことに考えを巡らすことさえ疲れてしまっている私です。

もうかれこれ何通、手紙を書いたことか、今夜しっかりと返信を書きたいと思います。

スポンサーリンク

借金返済に困ったら 無料相談

借金返済の問題はひとりで悩んでいても解決は難しく、今はネットで無料で借金の診断相談ができる時代です。

街角法律事務所

私は最初、任意整理という方法で債務整理をしました。

40回ほど1度も遅延せず分割金の支払いをしていたのですが、思わぬ状況から(記事で察してください)人生をリセットしたくて残りの借金を自己破産させていただくことで相談しています。

-夫が逮捕
-,

Copyright© 新型貧困主婦の借金返済生活 , 2017 All Rights Reserved.